意味がわかると怖い話 年上の男と同棲

意味がわかると怖い話 年上の男と同棲

昔物凄く年上の男と同棲して3ヵ月後。

その男が逮捕され私も警察に呼ばれ事情を聞かれた。

警察では好きなものを取っていいよ、とそばやのメニューを見せられ、天ぷらうどんをご馳走してもらった。

冷たいものを飲みたいと言ったら、水が出てくると思ったがカンのお茶をくれた。

警察は「彼はしばらく出てこれないと思うよ」と。

聞けば彼は前科14犯だった。

飲酒運転で捕まった過去は知っていたが・・。

最後に普通の車で家まで送ってくれた。

彼が拘置所に移されたあと警察官が二人で心配して様子を見に来てくれた。

玄関を開けた時の最初の一言が「おお!生きてるか!?」だった。

警察は思ったよりも優しい人ばかりだったなあ。


解説↓



これは、「年上の彼氏と同棲していた話」ではなく、「若い女性が誘拐・監禁されていた話」だと思われる。

そう考えると、警察の第一声が「生きているか?」だったことや、その後優しくしてくれたことの説明がつく。
PR