意味がわかると怖い話 ゴミ屋敷の実態

意味がわかると怖い話 ゴミ屋敷の実態

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?

実は俺もゴミ屋敷の住人の一人だったんだけど、俺の場合きっかけはひとつの粗大ゴミ、その上に集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ。

周囲の人が不審に思い騒ぎ出したのが集め始めて2ヶ月ぐらいかな?その頃にはもう部屋はゴミで埋まってた。

そのうち猛烈な悪臭を放ちだした、当然誰も近寄ってすらこない、町内会から時々苦情言いに来るけど外で怒鳴ってるだけ。

そうすると今度はTVのレポーターがやって来たりする、近所の奴は取材に応えて好き勝手言いやがる。

やれ借金まみれで自暴自棄になってるだの、奥さんに逃げられてからおかしくなっただの・・・誰も俺の気持ちなんかわからないくせに。

騒ぎが大きくなって全国に注目されてきたころ、一つの事件がおきる、そう、俺の家が火事になる。

俺は外出してるから無事なんだけど家はもう跡形もなく燃えてしまう、ゴミが腐敗して自然発火とか放火されたとかいわれるけど。

まともに現場検証すらしてもらえない、まあ俺は嫌われ者でゴミだらけだったんだからしょうがないし・・・むしろ都合がいい。

ゴミ屋敷が燃えたことをきっかけに、俺は他所へ行って小さなアパートでも借りて普通に暮らしていく、第二の人生っていうのかな?

もちろん。

もうゴミなんか集める気もないし必要も無い。

世の中のゴミ屋敷って大体こんな感じじゃないかな?


解説↓



語り手が冒頭で言った「ひとつの粗大ゴミ」というのは、おそらく奥さんの死体である。

何らかの理由で奥さんが亡くなってしまい、それを隠そうとした語り手が、ゴミで死体を覆い隠したのではないだろうか?

奥さんに逃げられてダメ人間になったと周り近所から思われていたお蔭で、警察にもまともな現場検証をされずに、犯罪者にならずに済んだのだ。

本来なら、最低でも死体遺棄罪。

場合によっては殺人罪だ。
PR