意味がわかると怖い話 赤外線盗撮

意味がわかると怖い話 赤外線盗撮

最近、会社で俺の顔をみてクスクスと笑う同僚が増えた

俺は嫌な感じを持ちつつも気のせいと思うようにしていた

とある日、いつもどおりに仕事が終わって、社宅寮に帰って風呂入って、電気消して寝ようとした

電気消した時に友達からメール着て、他愛もない返事をいつもどおりに返した

俺は何気なく真っ暗な部屋で携帯のカメラを起動させ

寝ながら真っ暗な部屋をカメラ越しに見ていた

すると蛍光灯器具の一点が光ってる

何だろうと思い調べたら、小さな暗視カメラだった・・・

すぐに会社やめた


解説↓



赤外線を利用した盗撮は、暗闇でもばっちり撮影できてしまう。

でも、赤外線盗撮カメラを簡単に発見する方法があるのだ。

それは、携帯のカメラ機能を使うことだ。

部屋を真っ暗にして、携帯カメラ機能で暗がりを見てみると、赤外線盗撮カメラが仕掛けられている場合、カメラがある一点が光って見えるのだ。

盗撮されるのを避けたい方は、この知識を知っておくと、ホテルや旅館など気になる場所で確かめることができる。
PR