意味がわかると怖い 借金取りに追われた友人

意味がわかると怖い 借金取りに追われた友人

10年前に私から多額の金を借りた揚句、やくざに追われてトンズラしたあいつから手紙が来た。

手紙の内容は、今自分は末期の癌で余命いくばくも無い事、この手紙が君の家につく頃には自分はこの世にはいないであろう事、そして私に酷い事して済まなかったというお詫びの言葉と、もし許してくれるならもう一度君とお気に入りの葉巻をふかしながら珈琲が飲みたい、でもこの身体ではそれも無理。
だからせめて珈琲を飲む時僕の分までつくって欲しい、そして灰皿に僕の好きな銘柄の葉巻に火を付けて置いといてくれと。

確かに嘘つきで酷い男だった、けれども何故か憎めない奴だった。

私は奴の供養のつもりで二人分の珈琲を入れ一つをテーブルの奥に置き、テーブルの灰皿に火のついた葉巻を添えて、
私はテーブルの手前に座ると彼の為に冥福を捧げようと珈琲を飲もうと瞬間

バッターン!!!

いきなりやくざ風の男が私の部屋に二人入って来た!!

「おい!お前!あの野郎見なかったか!かくまったらただじゃおかねえぞ!」

『兄貴!テーブルの上見てください!』

「てめぇー逃がしやがったなあ~!!」

私の最後に聞いた音が、銃声になるとは思わなかった。


解説↓



嘘つきの友人。

彼が末期癌であることも嘘なのだろう。

この友人が、「私」にさせたことは、

・自分(友人)の分のコーヒーをテーブルに用意させたこと
・自分(友人)の好きな銘柄の葉巻に火をつけさせて、灰皿に置かせた


そこにおそらく借金取りであろうやくざ風の男たちが入ってきたわけだ。

もちろん、情報を流したのは友人本人だろう。

なぜそんなことをするのかと言えば、自分(友人)が助かり「私」を身代りにしたいからだ。

「私」が最後に銃声を聞いていることから、「私」は銃で撃たれてしまったようだ。

借金を踏み倒すし、平気で嘘をつくし、他人をおとしいれるし、ろくな友人ではないようだ。
PR