意味がわかると怖い話 夫の浮気に妻の殺意

ある仲の悪い夫婦がいた。

不仲の原因は、夫の浮気を妻が知ってしまったことだった。

夫の浮気をどうしても許すことができずに、殺意すら感じてしまっていた妻は、あるとき夫を本当に殺してしまおうという計画を立てた。

山で毒草を摘んでくると、夫の食べる夕飯に混ぜて調理したのだ。

これを食べれば、夫は確実に死ぬ。

だが、妻は直前のところで怖くなってしまった。

やはり殺すのはやめよう。

たかが浮気ではないか。

殺すくらいなら離婚をしよう。

毒草入りの夕食は生ゴミとしてごみ箱に捨て、新しい食事を夫には用意した。

次の日の朝。

妻は、生ごみをゴミ捨て場に出した。

しばらくすると、お腹を空かせたホームレスが、そのゴミ袋を漁っていたことを、妻は知らない・・・・

解説↓



毒入りの食事が捨てられたゴミ袋。

お腹を空かせたホームレスが、そのゴミ袋を漁れば、中から出てくるのは手が付けられていない美味しそうな食事。

ホームレスはきっと食べてしまうことだろう。

人を殺すために用意された毒入りの食事。

何も知らずに食べてしまうホームレス。

この事件(実際は事故だが)。

なんとなく、現実に起こってもおかしくないような気がしてしまう・・・・
PR