意味がわかると怖い話 老人宅にオレオレ詐欺の電話が

昨日のことだ。

じいちゃんは、少し痴呆がある。

そのじいちゃんの家で、飯を食っていると、家に電話がかかってきた。

意味がわかると怖い話 老人宅にオレオレ詐欺の電話が

じいちゃんが電話に出てみると、孫が「交通事故起こしてしまった」というものだった。

俺が、電話を代わると、相手は慌てて切ってしまった。

「お前が、この場所に居るのに、交通事故なんて。」

と言って笑っているじいちゃん。

俺たちは、そのまま食事を続けた。

帰り際には、小遣いまでもらってしまった。

じいちゃんの家に孫から電話がかかってくるだなんてあり得るはずないんだよ。

だって、じいちゃんの家族はさ、息子夫婦、ばあちゃんや孫も、10年前にまとめて交通事故で亡くなっているんだから。

解説↓


家族を失っているおじいちゃん。

では、「俺」は一体誰なのだろうか・・・・?

「俺」は痴ほう症のじいちゃんを騙して孫のふりをしている悪人か。

もしくは、痴ほう症で独り暮らしのじいちゃんを放っておけない孫が、あの世に行けずにこの世を彷徨っているのか。

後者なら心霊系の良い話だが、前者だと弱った老人が食い物にされているという怖い話になる・・・・
PR