意味がわかると怖い話 寝起きドッキリ

俺は、20代前半で自由気ままにフリーターをして、都内のマンションで一人暮らしをしている。

ある晩のこと。

俺が自室のベッドで眠っていると、突然部屋の電気がついて目が醒めた。

なんだ?

なんで電気が付いたんだ?

部屋を見渡すと、部屋の中には覆面姿の人が何人もいるではないか。

恐怖に襲われたが、身の危険を感じて、俺は叫んだ。

「お前ら誰だっ?」

すると、その覆面の集団の一人が手に持っていたプラカードを持ち上げる。

プラカードには、

「どきっり大成功!」

と書かれていた。

次の瞬間、部屋にいる覆面の人達は大声で笑い始めた。

くそ。

やられた。

どっきりだったのか。

寝起きドッキリと言うやつか。

俺は照れ隠しにもう一度寝たふりをした。

すると、ドッキリの仕掛け人たちは、俺が反応しないのがつまらないのか、部屋から出て行ってしまった。

解説↓



自由にフリーター生活をしている男。

東京都内に一人暮らしをしているらしい。

そんな男に寝起きドッキリを誰が仕掛けるというのだ?

そして、何よりもどうやって部屋に入ったというのだ。

都内の一人暮らしで部屋に鍵をかけない人は、まずいない。

「ドッキリ大成功」などというプラカードを持って、覆面姿で部屋に侵入しているというのは、非常に不気味に思えてしまう。

なぜなら、仮に泥棒だとしたらそんな邪魔になるものを用意しないだろうから。

部屋に侵入した人たちの目的が謎な分、非常に不気味だ。
PR