意味がわかると怖い話 無人島でのサバイバル術

無人島に一人流されてしまった。

食料はない。

飲み水もない。

マッチもライターもない。

ナイフも無ければ、サバイバルの知識も全くない。

もちろん、助けを呼ぶ手段だってない。

ここで生き残るのは、おそらく無理だろう・・・・

幸い、この島には木が生い茂っている。

ベルトをしていて良かった。

解説↓


本人も言っているが、この人が何も用意がない状態で無人島で生き残るのは、まず無理だろう。

そして、気になるのは「木が生えていること」と、「ベルトをしていること」を喜んでいる。

つまり、この人は首吊り自殺をしようとしているのではないだろうか・・・・
PR