意味がわかると怖い話 マンションのエレベーター「鏡」

俺はマンションに住んでいるのだが。

ある夜、眠っていた俺は喉が渇いたせいか真夜中に目が覚めてしまった。

起きて冷蔵庫を開けるも、何もない。

スポーツドリンクが飲みたかったため、マンションの外、真ん前にある自販機まで買いに行くことにした。

エレベーターに乗り、1階へのボタンを押し、寝ぼけ眼でぼんやりしていた。

ふと後ろにあるエレベーター内の鏡を振り返った。

そこには、眠そうな自分の姿が映し出され、鏡の中の自分は眠いせいか何度もまばたきをしていた。

1階に降りると、外に出てスポーツドリンクを買う。

そして、もう一度エレベーターに乗ると、部屋まで戻った。

部屋では、今買ったドリンクを飲みほし、ベッドに入る。

そのとき、俺は気が付いてしまったのだった。

もう、それに気が付いてから、怖くて怖くて眠れなくなってしまった・・・・

解説↓


まばたきは、自分で見ることができない。

「俺」が見ていた、自分とはいったい誰だったのだろうか・・・・
PR