意味がわかると怖い話 アナログのテープレコーダー

意味がわかると怖い話 アナログのテープレコーダー

書斎で、一人の男が銃で撃たれて死んでいるのが発見される。

亡くなった男の遺体は、机に突っ伏した状態で、手には事件の凶器になったと思われる銃が握られていた。

机の上には、一つのテープレコーダーが。

現場に到着した刑事が、レコーダーの再生ボタンを押してみると、

「私はもう生きていけない・・・生きる理由がない。」

というメッセージが流れ、続いて銃声が鳴り響く音が聞こえた。

刑事はこれを聞き終わると、この事件が自殺ではなく他殺だと確信した。

解説↓


デジタル世代には分からないかもしれないが、アナログのレコーダーはテープに音声を録音した。

テープは、巻き戻さないと録音したものを聞くことができないのだ。

このテープレコーダーは、再生ボタンを押したとたんに録音が流れたことから、誰かが巻き戻したということになる。

つまり、この部屋にはこの事件に関わる重要参考人がいたということになる。
PR