意味がわかると分かる話 お風呂とだるまさんが転んだ

意味がわかると分かる話 お風呂とだるまさんが転んだ

お風呂に入って頭を洗っている時、「だるま

さんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考え

ることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭

を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える

のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ

ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に

いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが

ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ

ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば

しった目でじっとみつめていることに…..。さて、あな

たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、

いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。


解説↓


意味がわかると怖い話の定番といってもいいのかもしれないが、縦読みするとある文章が浮かび上がってくるという暗号解読系の話。

早速、文章を縦読みしてほしい。

おさるをのろいころしたい

つまり、

「お猿を呪い殺したい」

となる。

「お猿」というのは、人のあだ名なのか、動物の猿のことなのか・・・?

2016年5月11日追記
縦読みの位置を2文字だけずらす。すると、「おさる」ではなく、「おまえ」になる。つまり、こういうこと。
「お前を呪い殺したい」
「おさるより」こっちの方が怖いため、これが正解かもしれない。


ちなみに、メジャーな怪談である、だるまさんが転んだの怪談は、こちらのページに→だるまさんがころんだ
PR