実話 海の怪談

これは本当にあった怖い話だそうです。



昭和30年7月28日。

三重県津市中河原海岸でのこと。

地元の市立橋北中学校の女子生徒たちが、水着で準備運動をしていた。

中河原海岸は波が穏やかで遠浅なため、水泳の授業によく使われていた。

しかし、女子生徒たちが浜辺から50メートル先の地点に差し掛かった時、突然の大波が生徒たちを襲った。

それまで穏やかだった海が一瞬にして姿を変え、次々に生徒たちを飲み込んだ。

死者36名、生存者9名という大惨事になる。

事故は浜辺から50メートルの地点で起きた。

だが、中河原海岸は遠浅だ。

子どもでも十分に足がつく深さだったはずだ。

さらにこの日は天候もよく、大波など起こるはずもなかった。

事故の原因は、澪(みお)ではないかという声があがった。

澪というのは、「海・湖・川で、流れの作用で底がみぞ状に深くなった部分のこと」。

澪の周りには、タイナミと呼ばれる津波が発生することがあるという。

女子生徒たちは、このタイナミに飲み込まれてしまったのではないかと考えられた。

しかし、生存者の一人である、H・Uさんという女性は事故の時におかしなものを見たという。

周囲の人たちは誰も信じてくれなかったらしいが、H・Uさんは確かに見たそうだ。

事故当日、H・Uさんは友人と二人で泳いでいた。

二人はほかの生徒たちから少し離れた場所にいたため、澪の大波からは逃れることができた。

しかし、ナニカがH・Uさんの足に絡みついた。

足に絡みついたナニカとは、人間の手だった。

いくつもの手が、H・Uさんの足を引っ張り、執拗に水中へと引っ張り込もうとしていた。

そして、気を失ったH・Uさんは気が付いた時には、病院のベッドの上だったという。

H・Uさんたちを襲った亡霊たちは、防空頭巾にモンペ姿をしていたそうだ。

しかも、その防空頭巾にモンペ姿の亡霊たちを見たのは、H・Uさんだけではなく他にも複数の目撃談があった。

その後、調べてみると中河原海岸にはいわくがあったのだ。

昭和26年7月。

事故から4年前のこと。

この海岸で水難事故が起きていた。

犠牲になったのは、小学生の男の子。

その日は、7月29日だった。

H・Uさんたちの事故と、1日違いだった。

それだけではない。

戦時中のことまでさかのぼって調べてみると、ある事実にたどり着く。

事故の日から10年前の昭和20年7月。

日本は第二次世界大戦の真っただ中。

アメリカ軍の空襲により、三重県の津市の市民が250人亡くなった。

火葬しきれない遺体は、その海岸に穴を掘って埋めた。

その日が、ちょうど10年前の7月28日だったのだ・・・・


参考↓続きを読む

意味がわかると怖い話 息子の特殊能力

意味がわかると怖い話 息子の特殊能力

俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。

指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。

今日も、テレビをつけようとしたとき、息子は、じっと画面を指さしていた。

付いたテレビには、大物議員の姿が。

へえ、こいつも死ぬのか。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 家が荒らされていた

意味がわかると怖い話 家が荒らされていた

「すいませーん、警察ですがあけてもらえますか?」

「ああお巡りさん、助けてください!窓ガラスが割れてて家の中が荒らされてるんです!」

「これは大変だ、さっき一人暮らしの女性が何者かにレイプされた上殺されて金品を奪いとられてたんですよ。それで警戒を呼びかけていたんだが、この様子じゃここら辺に潜んでるかもしれない。」

「お巡りさん、私こんな状態じゃ怖くて怖くてたまりません。」

「それじゃあ、窓だけでも何とか塞いでみましょう。」

~30分後~

「お巡りさん、本当に助かりました。お茶でも飲んでってください。」

「ありがとうございます、のどがからからだったんで助かります。」

トゥルルルル トゥルルルル

「たぶん妹からですわ、ちょっと失礼。」

『もしもしお姉ちゃん大変なの!お姉ちゃんの家の近くで強盗殺人犯が逃走中だってさっきテレビでいってたの!』

「ああ私なら大丈夫よ、本当に心配しないで。」

『私もすぐ行くから。気をつけてねお姉ちゃん。犯人はお巡りさんの格好してるらしいから。絶対に誰が来てもドアを開けちゃだめよ!』

ガチャン ツーー・・・・・


解説↓続きを読む
PR