意味がわかると怖い話 地獄や天国はある

意味がわかると怖い話 地獄や天国はある

俺は、結構霊感がある方だと思う。

というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。

ある日、俺は道ばたを歩いていたら、首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気がついた。

明らかに生身の人間じゃなくて、でも死霊でもない。

俺は、その娘に話しかけてみた。

「君、生霊だよね。駄目じゃない、身体から離れたりしたら。」

「うわあ、お兄ちゃん、私が見えるの!?」

久々の会話で、女の子は嬉しそうだった。

どうやら、彼女はずっとこの付近を彷徨っていたらしい。

肉体から離れて随分経ってるみたいだ。

今まで俺が見てきた生霊の中でも、この娘はかなり死霊に近い。

早く肉体に戻らないと生命に関わるだろう。

女の子は、しかし悲しそうに自分の首のロープを持ち上げて、答えた。

「ううん、戻れないの。私、首吊って自殺して……もう肉体は手遅れなんだって。」

「う~ん、参ったな。悪いけど、じゃあ僕にはどうしようもないよ。そのうち君の肉体が死んで死霊になると思うから、その時はちゃんと成仏して、生まれ変わったら絶対に自殺しちゃ駄目だよ。」

「無理だよ。」

女の子は、自分の首に巻かれたロープを見つめて、呟いた。

「だって、私天国いけないもん。自殺、しちゃったから……。嫌だよ。私、地獄に行きたくないよ。助けて……。」

女の子の目から涙が溢れてきた。

堰を切ったように泣き出した。

参ったなあ。

俺、女の子の涙には弱いんだよ。

何とかして、彼女を助けてあげたくなった。

「うわ、泣くなって。大丈夫。まだ君は死んでないんだろ?じゃあ手はある。君を地獄になんか落とさせやしないから!!」

俺の言葉で、彼女は潤んだ眼で俺を見上げる。

まずいな、約束しちゃったよ。

「君の身体が、放っておいても死んでしまう状態なのは確実なんだね?」

女の子は頷いた。

もうヤケだ。

とことんこの娘に付き合ってやろうじゃないか。

「わかった。じゃあ、君の入院している病院と、その病室を教えて欲しい。」


翌日、新聞でニュースを確認する。

心は痛む。

だが、これで彼女の自殺は未遂に終わったのだ。

「これで良いんだよな。」

俺が呟いたとき、

「――ありがとう。お兄ちゃん。」

彼女の声が、聞こえた気がした。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 お別れのバス

意味がわかると怖い話 お別れのバス

バスに乗った時、ふと窓の外を見ると、小さい女の子がバスに向かって手を振っていた。

少し恥ずかしかったが、私は小さく女の子に手を振り返してあげた。

次に信号待ちをしている時、また窓の外を見ると、今度は小さい男の子がバスに向かって手を振っていた。

さすがに二度は恥ずかしかったので、手を振り返せなかった。

しばらくしてバスが停留所に着き、私が降りようとした時、バスの乗客全員が、私に向かって手を振ってきた。

私はびっくりして、慌ててバスを降りた。

すると、停留所でバスを待っていたおばあさんが

「どっちだと思う?」

と私に言って、バスに乗り込んだ。

私は誰にも手を振られないように、走って家まで帰った。

ようやく家に着き安心した私は、「ただいまー」と玄関のドアを開けた。

母が私に向かって、手を振ってきた。

ああ、どうやら私の方だったらしい。


解説↓続きを読む

怖い話 戦後の食糧難

怖い話 戦後の食糧難

戦後すぐ、広島のとある病院での出来事。

大部屋に入院しているある男は、同室にいる何人かのうち、一人の痩せた男のことが気になっていた。

この男は、来る日も来る日も夜半に部屋を抜け出し、どこかに出かけている。

そして小一時間もすると何事も無かったかのように部屋に戻ってくるのだ。

別に痩せぎすの男は夜中にけたたましい音をたてて部屋を出て行くわけではない。

むしろ音も立てずに部屋から消える。

そういう意味では、男の夜間外出に迷惑しているわけではない。

しかし、純粋な好奇心から痩せぎすの男が夜中に何をしているのかが気になる。

あまりに気になるので夜も眠れなくなったある夜、思い切って後をつけてみることにした。
 
痩せぎすの男は、尾行されていることも知らずにどんどん歩いていく。

あっという間に病院を出て、すぐ近くにある墓地へと入っていった。

夜中に墓地とは明らかに普通ではなかったが、そのことがかえって尾行する側の好奇心を掻き立てる。

いよいよ慎重に先行する男の様子を探った。
 
やがて男はとある家の墓の前で立ち止まった。

そして、墓石に向かって何かをしている。

後をつけていた男の所からは、痩せぎすの男がそこで何をしているのか分からなかった。

そこで、相手の手元を伺える位置へ密かに移動した。

果たして、その痩せぎすの男は、墓の下から骨壷を取り出し、その中に入っていた遺骨をかじっていた。

様子を見ていた男は、思わず「あっ」と声をあげてしまった。

その途端、骨をかじっていた男は尾行者に気がついたようだった。

尾行がばれてしまった男は、わき目も振らず一目散に自室に駆け戻った。

それから少し遅れて、あの同室の男が部屋に戻ってきた。

男は別段慌てる風でもなかったが、めいめいのベッドで眠っている同室の患者の顔を覗き込んで回っているようだった。

先に逃げていた男は、薄目をあけてその様子をうかがっていたが、追ってきた男が何をしているのか良く分からなかった。

ただ、何事かをつぶやいていることだけは分かった。

やがて、自分の所にもその男がやってきた。

他の者にしていたように、顔をこちらに近づけてくる。

そして・・・・・・。

「一つ、二つ、三つ・・・・・・・・・。鼓動が早いな、見たのはお前だ!」


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 毎晩首を絞められる

意味がわかると怖い話 毎晩首を絞められる

ここ一週間ぐらい、毎夜何者かに首を絞められるようになった。

苦しくて目覚めるのだが部屋には誰もいない。

鏡で見ると、くっきりと手形も付いてる。

さすがに寝不足になり仕事にも影響が出てきたんで今日、霊媒師に見てもらったら非常に強い霊らしく、誰かに恨みを買っている覚えはないか?と聞かれた。

俺は人当たりもいい方で恨みを買うような覚えは全くありません。

と答えて今帰宅したんだが、急に思い出した。

そう言えば、ちょうど一週間ぐらい前に、テストの成績が悪かった息子(中1)からゲーム機を全て取り上げたのだ。

…まさか。。

と思って今、息子の部屋に様子を伺いに行こうと思ったらあいつ、ドアの隙間から死人のような目付きで俺を見てやがった…


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 黄色いパーカーの青年

意味がわかると怖い話 黄色いパーカーの青年

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。

アパートは、一階に共同トイレがあり友人の部屋は一階の一番奥でした。

その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレに行きたくなり、気味の悪いトイレに行きました。

トイレで用をたしてるとキョロキョロしながら黄色いパーカーを着た青年が大きな声で

「オハヨウゴザイマス!!」

と言ってきたので

「おはようございます。」

と言って何も気にせず部屋に帰りました。

その数分後、一人の友人がトイレに行き帰って来ると「青年が挨拶してきた。」と言って挨拶を返したと言ってきました。

その後、眠っていると一人の友人が「おい!これ見ろ!いいから見ろ!」と言ってきてテレビを見るとニュース番組で「白昼堂々!通り魔」というタイトルでやっていました。

目撃したおばあさんの証言は黄色いパーカーを着た青年だったそうです。

そして逮捕された青年の動機は

「挨拶をしたのに返さなかったから刺した。」


解説↓続きを読む
PR