意味がわかると怖い話 海外の危険地域

意味がわかると怖い話 海外の危険地域

田代さんは海外出張の多い仕事だった。どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。

この時もアラブだかアラビアだかへ出張していた。

貧富の差が激しいこれらの地区は外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心が必要となる。

田代さんには現地に1人だけ多少日本語が出来て信頼のおける友人Aがいた。

今回の出張もAのおかげで無事に終わった。

明日は日本に帰国する。今日は最後の夜だった。

田代さんはAに報酬額を渡しながら言った。

「本当に毎回Aのおかげで助かっている感謝しているよ」

A「そんな事ないよ、田代さんが毎回お金くれてる私と家族が助かるね! 今夜は最後の夜ね。一緒に飲みに行こう!」

こうして飲みに行った。

そこはダウンタウンで喧嘩している人がいたり、誘って来る売春婦がいたり、Aが一緒じゃなかったらとても日本人が行ける所では無い程の危険地域だった。

Aに促されるまま飲み屋に入る。

薄暗く土蔵の様な店内。壁に直接書かれたアラビア文字が躍る。メニューらしい。

Aと徒然なるままに話しをしていると見知らぬゴージャスな出で立ちの男がAに話し掛けて来た。姿からしてアラブの金持ちらしい。

そして田代さんに馴れ馴れしく終始笑顔で話し掛けて来る。

はっきりは、聞き取れないが誘っている様だった。

Aは笑顔だったが遠回しに男の誘いを断ろうとしていた。

Aは男に見えない様に小さなメモを田代さんに渡した。

田代さんはトイレに行くふりをして席を外しメモを見た。日本語の平仮名で【たしろ こんにちは】と書いてあった。

Aのヤツ、今更、俺に挨拶かよ? なんだこりゃ?

意味がわからないまま席に戻ろうとした時に壁に書かれたメニューが目に入った。

ハッとした。

田代さんはAに急用があるから帰ろう! と告げて男に別れを告げながらAと一緒にホテルに逃げた。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 嘘を見抜くロボット

意味がわかると怖い話 嘘を見抜くロボット

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。

そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。

そんなある日…。

僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。

すると父がこう尋ねてきた。

「どうしてこんなに遅くなったんだ?」

僕は答えた。

「今日は学校で補習授業があったんだよ」

すると驚いたことに、ロボットが急に飛び上がり、僕の顔をひっぱたいた。

父は言った。

「いいか、このロボットはウソを感知して、ウソついた者の顔をひっぱたくのさ。さあ、正直に言いなさい」

そして父がもう一度聞いてきた。

「どうして遅くなったんだ?」

僕は本当のことを言うことにした。

「映画を見に行ってたんだ」

父はさらに聞いてきた。

「なんの映画なんだ?」

「十戒だよ」

これに反応して、ロボットがまた僕の顔をひっぱたいた。

「ごめんなさい…父さん。実を言うと『Sexクイーン』ってのを見てたんだ」

「何て低俗な映画を見てるんだ、恥を知れ! いいか、父さんがお前くらいの頃は、そんな映画を見たり態度が悪かったことなんて無かったんだぞ」

するとロボットはきつい一発を父に食らわせた。

それを聞いていた母が、キッチンから顔を覗かせるとこう言った。

「さすが親子ね、あなたの子だけあるわ」

母も顔をひっぱたかれた。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 母の入浴剤

意味がわかると怖い話 母の入浴剤

今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、母に「入浴剤替えたの?」と尋ねると、「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから ^ω^;;)」というなんだかぎこちない返事が返ってきた。

しかしいざ入浴してみるとこれがなんとも気持ちがいい。体の芯から温まる。本当に温泉に浸かってるみたいだ。こんなものが特売だったなんて。

しばらく温泉気分を楽しんだ後、おもむろにボディソープを手にとる。・・・・・・・

手に違和感を覚えた。少しヒリヒリするような感じだ。そしてなにか嗅ぎ覚えのある臭い・・・・

小学校のトイレ掃除の時間が何年もの時空を越えていきなり鮮明に一瞬頭に現れた。

それと同時に、なぜか小6の修学旅行のときに行った箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。

臭い、手の感覚、バスルームの中の空気、頭の思考回路・・・すべてが異様であった。

そしてふと後ろを振り向くと、モザイクドアガラスのはるか向こうに、こちらをじっと伺うような黒いシルエットがゆらゆらと揺れているのであった。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 家賃の安すぎるアパート

意味がわかると怖い話 家賃の安すぎるアパート

僕のオカルト道の師匠は当時家賃9000円の酷いアパートに住んでいた。鍵もドラム式で掛けたり掛けなかったりだったらしい。

ある朝、目が覚めると見知らぬ男の人が枕元に座ってて「おはようございます」というので「おはようございます」と挨拶すると、宗教の勧誘らしきことをはじめたから「さようなら」といってその人おいたまま家を出てきたという逸話がある。

防犯意識が皆無の人で、僕がはじめて家に呼んでもらった時も当然鍵なんか掛けていなかった。

酒を飲んで2人とも泥酔して、気絶するみたいにいつのまにか眠っていた。

僕が夜中に耳鳴りのようなものを感じて目を覚ますと、横に寝ていた師匠の顔を除き込むようにしている男の影が目に入った。

僕は泥棒だと思い、一瞬パニックになったが体が硬直して声をあげることもできなかった。

僕はとりあえず寝てる振ふりをしながら、薄目をあけてそっちを凝視していると男はふらふらした足取りで体を起こすと玄関のドアのほうへ行きはじめた。

『いっちまえ。何も盗るもんないだろこの部屋』

と必死で念じていると男はドアを開けた。

薄明かりの中で一瞬振り返ってこっちを見た時、右頬に引き攣り傷のようなものが見えた。

男が行ってしまうと僕は師匠をたたき起こした。

「頼むから鍵しましょうよ!」 もうほとんど半泣き。

しかし師匠とぼけて曰く

 「あー怖かったー。でも今のは鍵しても無駄」

「なにいってるんすか。アフォですか。ていうか起きてたんすか」

僕がまくしたてると師匠はニヤニヤ笑いながら

「最後顔見ただろ」

頷くと、師匠は自分の目を指差してぞっとすることを言った。 

「メガネ」


解説↓続きを読む

完全実話の意味不明な怖い話 犬の誘拐予告怪文書

完全実話の意味不明な怖い話 犬の誘拐予告怪文書

これは、本当にあった怖い話である。

ある家に、誘拐予告の手紙が送られてきた。

その家で飼われている大切な犬の誘拐予告状である。

以下が、その怪文書である。

完全実話の意味不明な怖い話

超怖い実話

手紙には以下のようなことが書かれていた。

犬の誘拐予告

子供が書いたような平仮名だらけの字で、稚拙な文章なのが、怖さを増しているように思える。

子供だからと言って、やっていいことの範疇を超えている。

そもそも、この時点で本当に子供なのかすらわからない。

「無視をすればいい」と思う方もいるかもしれないが、この手の人間を無視するのもそれはそれで非常に怖いことである。

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 認知症の父から来たメール

意味がわかると怖い話 認知症の父から来たメール

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので携帯電話(ガラケー)をもたせていた。

父はボケていた。

父に携帯を買い与え、アドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連絡が取れるなあ」なんて言っていたが、どんどんボケが進行する父には結局メールはおろか電話さえも使うことができなかったのだ。

ところがある日私の携帯に父からメールが来た。

件名はない、本文にただ「いわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわ」と打たれている。

はぁ?と思った。意味がわからない。と言ってもボケた父のことだ、意味などないのだろう。そう思っているとまた父からメールが来た。

今度も件名はない、本文に「いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいら」と打たれている。

何のことやら。結局ボケた父が訳も分からず携帯を操作しているうちに私にメールを送信してしまったのだろうと思って放っておいたのだが、まさかこれが父からの最後のメールになるとは・・・

その日父は施設で大暴れをし、階段から転落して亡くなったそうだ。もしや二件目のメールの「いらいら」とは何かいらいらすることでもあって私に伝えたかったのだろうか?

あの時、私がしっかりとメールを返していれば、父も暴れたりすることはなかったのかもしれない。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 コタツの中で眠る妹

意味がわかると怖い話 コタツの中で眠る妹

1階に下りてすぐ目に入ったのが、コタツで仰向けになって寝ている妹だった

かわいい事に上半身だけがコタツから出ていた(そりゃそうか)

寝ている妹を起こさないように、俺は反対の(コタツの)入口からそっと入った

さっきまで震えていた体が少しずつおさまってくる

俺がコタツに入ると、妹は寒いのか「うーん」と言いながら足を伸ばしてきた

俺「占領しすぎだろ…」

俺は陣取るように伸びる足を足でどかす

妹が反応する、しかしまたすぐに邪魔をする

俺は少しニヤニヤしながら妹の足をつかんだ

俺「この足を引っ張って上半身もコタツにいれてやる」

俺は妹の足を起きない程度に引っ張ろうとしたその時、足をつかんだときの俺の手の冷たさのせいか妹が起きてしまった

妹「お兄ちゃん、1階で何してるの?勉強は?」

俺「もう少しだったのに…」

俺は残念そうに言う

妹「?」

妹「あ、時間、お母さんとおばあちゃんを迎えに行かなきゃ!」

妹はコタツをものすごい勢いで出て2階の自分の部屋で急いで迎えに行く仕度をする

俺「なんかさめたな」

そう思いつかんでいた足を離した


解説↓続きを読む
PR