意味がわかると怖い話 呪われた傘

意味がわかると怖い話 呪われた傘

ある人から、持っていると災難を避けられるという「厄除けの傘」なる物をもらった。

信心深くない私は正直その効能について半信半疑だったが、傘なんて雨が降らなければ使わない物だったので、普段は気にもかけなかった。

傘をもらって3ヶ月ほど経ったある日。

その日は札幌への出張のため朝早くから空港へ行く予定だったのだが、折り悪く台風が近付いており、私は状況を見定めるためニュースを眺めていた。

が、台風は思ったより勢力も弱く、この分なら飛行機は予定通り飛びそうだ。

私は急いで出かける仕度を整え、車に乗るため玄関へと向かった。

当然のように“あの傘”に手をかけた瞬間、私はふとある事を思い出した。

使い始めて3ヶ月、私はこの傘の“災難を避けられる”という話に疑問を持っていた。

なぜなら、思えばこの傘を使った日はロクな目に遭っていなかったからだ。

最初は事故。私の車は難を逃れたが、後続の車が電柱に激突し、運転手が死亡。

次は通り魔。私も運悪く怪我を負ったが、被害者の1人は亡くなったらしい。

そして自殺の目撃。ビルの屋上から飛び降りた男が、私の目前1mに落ちてきた。

・・・どうもこの傘は気味が悪い。“死”という言葉に祟られているようにすら思える。

ひょっとしてこれは、厄除けどころか呪いの傘なのではないだろうか?

そう考えると、ふと恐ろしい発想にぶち当たる。この傘を私にくれた人物の事だ。

彼は会社の同僚。私とは言わばライバルの関係である。

若干風変わりな男で、こんな傘を送るだけあって占いなどに興味があるらしい。

が、そんな男だけに、逆に考えれば呪術関係にも明るいのではないだろうか?

まさか、私を蹴落とすため、呪いをかけた傘を贈ってきたのか?

私はゾクッと身震いをした。なんという遠回しな、執念深い呪いだろう。

雨の日に傘をさす度、私は知らず知らず死の呪いに晒されていたのだから。

考えてみれば、今日は飛行機に乗る。こんな時にこの傘を持っていったら・・・。

私は青ざめた顔のまま、見送りに出た妻に言い聞かせた。

「この傘は捨てといてくれ。確実に捨ててくれよ。絶対この傘を使っちゃダメだ」

ポカンとした顔で見送る妻を後に、私は空港へと車を走り出した。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 大学生の旅行

意味がわかると怖い話 大学生の旅行

大学のころ、友達20人くらいで旅行に行った

車5台にわかれて、それぞれ適当に休憩とったり寄り道しながら目的地の山奥の宿まで行った時のこと

俺の乗ってた車では会話が盛り上がってみんな話しに夢中だった

谷にかかる大きな橋を渡った後、会話がひと段落した時に運転してたA子が

「ねーねー、今渡った橋のてすりの外に人が立ってなかった?」

って聞いてきた

俺や他のやつらも話に夢中だったためか、

「わかんない」「気のせいじゃね?」

って感じで特に気にしなかった

俺らが宿につい後、他の車も時間をあけて続々と到着した

その晩、部屋で飲み会をしている時に、きれいな山道だったね~って感じの会話をしていると、別の車に乗ってたB君が

「そーいえば俺、谷にかかる大きな橋をわたる時に、なにか人みたいなものが手すりの外から、フッと消えたように見えたんだよ、誰も気付かなかったみたいなんだけど」

って言うと、さらに別の車に乗ってたC君が、

「あー、パトカーが止まってたでっかい橋のことかー、橋の上から警察が下の方みてたんだよなーなんだったんだろ?」

と言った

数秒後に気付いてゾッとした


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 学校から帰宅すると

意味がわかると怖い話 学校から帰宅すると

少年が小学校から帰宅。

「ただいま」

少年はランドセルを自室に置くと、リビングへ直行した。

台所では、トントントンと包丁を叩く音が響いていた。

少年は16:00~19:00までビデオゲームをしていた。

覚えている限り、少年は2度トイレへ行き、ゲームの攻略法を聞きに、台所前の廊下(玄関から続く)にある、電話の子機を取りにリビングを離れた。

ちなみにゲームをしていた時刻は概算ではあるが、少年はほぼ間違いないと言っている。

「お母さん、今日の夕飯なに?」

少年はテレビに目を向けたまま、母親にたずねた。

母親は料理の準備をしているのか、返事もせず包丁で叩き続けていた。

少年は母親はあまり機嫌がよくないと思い、無視されても気にしなかった。

ゲームに飽きた少年はテレビ番組を見つつ、19:35あたりに風呂に入ろうとした。

風呂釜には水も張っておらず、文句を言おうとしたがやめたという。

風呂がわきテレビを見るのをやめ、20:00ほどに少年は風呂に入った。

風呂場で遊びながら、少年は空腹を感じたという。

風呂からあがって上半身裸のまま、少年は台所へ向かう。

「お母さん、晩ご飯まだ?」

少年はそのとき、初めて違和感に気づいたという。

「……おばさん、誰?」


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 家政婦への命令

意味がわかると怖い話 家政婦への命令

ある日、男が家に電話をかけると、彼の妻ではなく知らない女が電話を取った。

不審に思った男は彼女にたずねた。

「誰だね君は?」
「私はこの家で働いているメイドです」
「うちではメイドは雇ってはいないはずだが…」
「ええ、でも私は今日奥様に雇われたばかりなので、ご主人にはお会いしていません」

夫はまたかと思い、苛立ちを隠さず言った。
「妻に替わってもらえるかね?」
「奥様は今寝室で休んでおいでです。いっしょにいる男性がご主人だと私は思っていたのですが…」

それを聞いた男は何かを考え込むようにだまり、そして思いきったように言った。
「君は5万ドルほど稼いでみる気はないかね?」
「…どうすればいいんですか?」

男は静かに言った。
「電話台の下の引き出しに拳銃が入っている、弾は既にこめられている。君がやるのは二階へ行って二人を撃ち殺すことだ。できるかね?」
「分かりました。やりましょう」

受話器が置かれる音がした。そして階段を上っていく足音が聞こえた。
そのあと2発の銃声が聞こえた。そしてまた階段を降りる足音がした。

メイドが電話に戻った。
「もしもし」
男はほくそえんで訊いた。
「やってくれたかね」
「ええ、死体はどう処分しましょう?」
「そうだな、プールにでも放り投げておいてくれ」
「プール?家にはプールはありませんが…」


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 サイコパスな王様

意味がわかると怖い話 サイコパスな王様

とある国に王様がいました。

その王様は中年でとても残酷で、週に一回国民を一人お城に連れてきて、拷問したり猛獣と戦わせて楽しんでいました。

そんなある日、国民の一人が言った。

「みんなで協力して王様を倒そう」

言い出したのは優しくて有名なある青年です。

しかし、ある日青年は王様を倒す計画を練っている時に、突然消えてしまいました。

その代わりに見知らぬ中年のおじさんが、計画に協力してくれることになりました。

こうして国民は王様を処刑しました。

そこで新たな問題が発生しました。

次の王様は誰がするのか、という問題です。

みんなで話し合っていると、あの中年のおじさんが

「私がやりたい」

と言い出しました。

国民は反対をしましたが、そのおじさんは以前に政治の活動を経験したことがあると言って、半ば強引に王様になりました。

それから一ヵ月後にその新しい王様は、以前の王様を倒す計画に参加していた国民をお城へ呼び出して

「今日はお祝いに食事でもしようじゃないか」

と言ってそれは豪華なもてなしをしてくれました。

しかし、その国民たちはお城からは出てきませんでした。

それからさらに一ヵ月後、新しい王様は、週に一回国民の一人をお城へ連れてきて、拷問したり猛獣と戦わせて楽しんでいました。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 トイレットペーパー

意味がわかると怖い話 トイレットペーパー

浮気をしたのが彼女にばれて2週間。ずっと連絡がなかった彼女がやっと部屋にあげてくれた。でもお互い気まずくて一言も口をきけないまま時間だけが過ぎていく。僕はその空気に耐えられなくなってトイレに逃げ込んだ。ふと脇を見るとトイレットペーパーの端にペンで「真美より」と書いてあった。なんだろう。どきどきしながら紙を引き出すと、そこに彼女からのメッセージが書き込まれていた。メッセージは何行にもわたっていた。僕は紙を1行ずつ引っ張り出しながら噛みしめるように読んでいった。

///////////////////
真美より

あなたは私を裏切った それは事実
でももうすべてリセットしていいと思うの
あなたと過ごした宝物のような日々
それが私にとって大切だと気づいたから
なにもかもぶち壊してしまうこと
許されないことだもんね
あなたが浮気していたことは
全部忘れてしまえるわ あの娘と
あなたとの関係もこれで帳消しってこと
にしてあげる お互いつらかったよね 私と
あなたはもう十分に苦しんだからこれから楽
しんじゃおうよ 一緒にね

隆史へ
////////////////////

涙があふれてきた。いま扉の外に真美が待っている気配がする。
はやく出て行って彼女を抱きしめてあげよう。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 1つだけ願いが叶うなら

意味がわかると怖い話 1つだけ願いが叶うなら

地球のみなさま、こんにちは。

驚かれるのも無理はありません。

私は今地球のみなさまに向けて直接、頭の中に話しかけております。

申し遅れましたが私は神の下で働いている者でございます。

さて、今度私がみなさまに直接話しかけることとなりましたのは他でもありません。

みなさまに重大なお知らせがございます。

今度地球は誕生から、宇宙時間の一周期に達しました。

そこで、これをお祝いいたしまして、神が一つだけ願い事を叶えて下さることになりました。

くわしく説明させていただきますと、みなさまにはそれぞれ一週間以内に願い事を決めて頂きます。

そうしましたら一週間後に神に向かって、自分の願い事を一つだけ念じて下さい。

それを私共が集計いたしまして、一番多かった願い事を一つ神が叶えることになっております。ではよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーー

ある日のこと、突然届けられたメッセージ。

一番多い願いを一つだけ叶えてくれるらしい。

とたんに世界は大混乱に陥った。

「今地球に足りないのは資源だ。それを戴こう!」

「いや平和が一番だ。核兵器をなくせ!」

「そんなことより金だ、一生暮らせる金をくれ!」

騒ぎをしずめ、願いを一つにまとめるため、A国の大統領を中心に国際会議が招集されるが、各国の利害が対立し混乱を増すばかり。

このままではいけない。

そこで、大統領は世界のためにある決断をした。

それは、みんなが願うことをやめようという呼びかけだった。

「みんなが勝手に願おうとするから、世界は混乱するんだ。ならばいっそのこと、願いなんてないほうがいい。」

初めて世界が一つになろうとしていた。

そして、いよいよ願いを叶える日。

みんなは緊張した面持ちで神に願った。

「みなさん、こんにちは。私は先日ごあいさつさせて頂いた神の使いでございます。さて、先ほど集計が終わりまして、神が叶えて下さる願いが決定したので発表させて頂きます。 私共としましては色々な願いがあるだろうと思ったのですが、意外にまとまっておりました。いえ、これは余談です。それでは発表いたします」



「今度神が叶えることになった願い事は・・・人間以外のほとんどの生物の願いである、『人間を地球上から消滅させて下さい』に決定しました。みなさま、次の一周期を目指して地球を大切にして下さい。それでは御機嫌良う」

そんなわけで、人間たちが最後に聞いたのは、動物たちの歓喜にも似た鳴き声だった。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 ド変態な弟

意味がわかると怖い話 ド変態な弟

ある夏、姉と母と自分と3人で旅行に行った。

旅先で親子3人川の時になって就寝していたのだが、 旅の興奮でどうにも眠れない。

そんな時、横で胸をはだけさせて眠っている姉に気づいてしまった。

思春期真っ盛りの俺は途端にムラムラしてしまい、姉に気づかれぬよう、浴衣をズラし胸を揉んだ。

その姉の姿を写真にしておきたいという衝動に駆られ、電気をつけず、暗い中なんとかカメラをカバンから探し出し、写真を撮った。


旅行から帰った後日、現像を撮りに行く母を必死で止め、写真屋に行き、写真を受け取った。

すぐさま姉の写真を確認する。胸をはだけさせて姉が確かに写っていた。

が、その瞬間僕は恐怖のあまり写真を破り捨てた

そこには幽霊よりも恐い

姐の後ろからこちらを鬼のような形相でこちらを睨む母が写っていた。


解説↓続きを読む
PR