意味がわかると怖い話 伏せられた情報

意味がわかると怖い話 伏せられた情報

携帯から失礼します。

まだ使い慣れていないので、入力ミスがあったらごめんなさい。



えー、昨日の夜、港区のマンションで女性が惨殺された事件があったでしょ?

まぁ、警察の発表によれば、殺されても仕方ない様な女だけどね。

ところであの事件、犯人逮捕の為に、幾つかの情報が伏せられてるらしいんだ。



1.犯人は被害者と格闘になり右手に怪我をしている

2.犯人と被害者は顔見知り

3.被害者の携帯電話が見つからないが、犯人が持ち去った可能性が高い



解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 霊感に目覚める

意味がわかると怖い話 霊感に目覚める

まいったよ。

小さい頃からのダチのNってヤツなんだけど、最近会うたびに「うわぁ、こっちにも・・・なんで・・・!?」とか「まわりにいっぱい・・・!」とか、わめいてしょうがないんだ。

俺と違って霊感なんて全くなかったヤツだから、急に見えるようになって怖くてしかたがないのはしょうがないだろうけどさ。

いいかげん慣れろって。

庭付きの下宿先が、やっと見つかったから来月には遠方に引っ越す予定だけど、大丈夫かなアイツ。

まあ、友達たくさん紹介してやったから何とかやっていけるとは思うんだが。

いつまでも俺にくっついてまわるの止めて、いい加減自立しろよ。

たのむぜ・・・


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 チャット

意味がわかると怖い話 チャット

数年前、チャットで仲のいい2人と毎晩のように喋ってた。

1人はA子。ノリがすごくいい。笑いのセンスもあってボイスチャットでいっつも爆笑の渦。

もう1人はB子。おとないしくしっかりした感じの子。

ある日。その日も3人で他愛もない話で盛り上がっていた。

A子のある意味暴走してる下ネタでB子も苦笑しながらも和気あいあいと談笑。

それから数日後、とある事情でA子の家に1人で泊まりがけで遊びに行くことになった。

女の家に泊まりがけ。それだけ聞けば最高だが、俺は全くもって行きたくなかった。

なぜならA子は重度のメンヘラだったから。どうしても行かないといけなかった理由は割愛。

部屋に入ったとたん、その異様な雰囲気にたじろいだ。

部屋にはミッフィーやキティの人形で溢れかえっており真っピンク。

床は男でもってここまで散らかさないだろうというほど散らかっていて、色んなところにナイフやらメスやら注射器やら訳わからん薬が転がっていた。

一泊して朝。起きると布団が血まみれ。予想に違わずA子の腕からのものだった。

一刻もはやく逃げ出さないとやばい。

そう感じた俺は取ってつけたような理由で予定より早く帰った。(ほんとは二泊する予定だった)帰りの電車の中ではずっと混乱しててとにかく早くだれかに聞いてほしかった。

帰りついてパソコンを立ち上げて、自動で起動するメッセンジャーを見る。

インしてる友達はB子1人だった。動揺していたが冷静になり、冗談混じりでB子に事の顛末を伝えた。

「A子の家言ったらさあ、さんざんだったよw適当な嘘ついて逃げるように帰ってきたw」

B子「うわ~最悪だね」

「でしょ~。参ったよ」

B子「うん、ほんと最悪。最低だねアンタ」

「え?」

普段アンタとか言わないし、とにかく意味が分からなかった。

もしかしてB子もメンヘラーだったのか?やっちゃったな~くらいにしか思わず。

とその瞬間A子がインした。俺がドキッとしたと同時にすかさずウィンドウが開き、

A子「ふ~ん」

B子「アンタ」

A子「逃げるように」

B子「帰ったんだ」


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 鏡越しに見えた幽霊

意味がわかると怖い話 鏡越しに見えた幽霊

社会人なりたての時

俺は1人暮らししてたんだけど

ワンルームタイプのマンションでさ

12階建ての12階の角部屋で最高の見晴らしの部屋

公園やら街なんかの綺麗な景色見渡せるのが自慢だった

ある日。

デート前に部屋の姿見で髪型をチェックしてたら

いきなり鏡の奥に女の顔が見えたんだ

長い黒髪をたなびかせた、貞子みたいな女

俺は心臓が止まりそうになって反射的に振り向いた

けどそこには何もいなかった

いつもの綺麗な景色が見えるだけ

見間違え?いやハッキリと見た、、、

目を見開いた女が俺の肩越しに、、、


パーーン!!


突然の破裂音

またまた心臓止まるかと思った、、

誰だよパンクさせた奴!

音の大きさからしてバイクか車か?

はあ、、今日は驚いてばっかだな、、

しかし、、とうとう完全に幽霊見ちゃったな、、

しかも目があったし、、こぇぇ~

ん、、なんか外が騒がしいな?遠くからサイレンも聞こえる、、

まあいっか、デートに行くべ


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 失恋ソング

付き合っている彼女が、最近そっけない。

これはもう別れのサインかと、泣くだけ泣いた。

そして、自分の気持ちを歌にした。

失恋ソングを作ったのだ。

自分の気持ちをこれでもかと歌に込めた。

これを彼女の前で歌うんだ。

もしかしたら、彼女の心にもう一度響くかもしれない。

彼女のアパートに行って、インターホンを鳴らす。

しばらくすると、玄関の戸が開かれて、彼女が顔を出して言った。

「一体、誰なんですか?」

解説↓続きを読む
PR