意味がわかると怖い話 幽霊が帰ってきた

意味がわかると怖い話 幽霊が帰ってきた

恐怖系、ホラー映像を見てる最中のこと。

閉じてある襖(ふすま)がガタガタと揺れた。

誰か帰ったのかと、襖を開けてみたが、そこには誰もいない。

思わず、俺は叫んでしまった。

「脅かすなよー!違う幽霊かとか思って、ビビッただろうがァァ!やめろよな、幽霊怖いんだから!」

解説↓続きを読む

謎の恐怖感 自分の金縛りを撮影したら

謎の恐怖感 自分の金縛りを撮影したら

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。

金縛りというものは、多くの人が経験してると思うが。

あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、俺も全くそうだと思う。

じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。

俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。

寝る前にカメラをセットし、寝てる間に金縛りに遭ったと思ったら、朝起きてビデオを確認するという段取りだが、そう都合よく金縛りに遭遇することもなく、始めてから2ヶ月くらいは空振りの日々が続いた。

ある日の夜、ついにそのときが訪れた。

その日は特に疲れたということもなく、今日も空振りだなと特に期待せず眠りについたのだが。

眠ってから、感覚的に4時間くらい経って(自分の中では夜中の3時くらい)に、金縛り直前特有の嫌な感覚が襲ってきて、直後に意識が覚醒したと思うと同時に体が硬直。

ついに来たか!という興奮と、冷静になろうとする感情が入り乱れる。

今回の目的は、金縛りになることもそうだが、この状態をいかに長く持続させるかが重要だ。

長時間金縛り状態を保たないと、ビデオを見たときにどこがそれだったのかわからない可能性が高いからだ。

俺はリラックスしすぎないように、手や体を動かそうとしながら「やはり動かないな」などと、妙に冷静な状態を保つことができ、金縛りになってから5分くらいは経った感覚があった。

この状態を保つのにも疲れてきて、もうそろそろいいだろうということで、最後の仕上げにかかった。

今回、金縛りに遭うことのほかに、自分の中である計画があった。

金縛り中に思いっきり叫んでみたらどうなるか、だ。

金縛りの最中、思いっきり叫ぶその様子を外から見たらどう見えるのか。

本当に叫んでるのか。

それとも、叫んだと思っただけで実際には叫んでないのか。

それが知りたかったので、俺は金縛りの最後に全身全霊を振り絞って

「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

と叫んでみた。

確かに自分では叫べたと思った。

叫んだと同時に力を使い果たし、意識が遠のいて、気がついたら朝になっていた。

その日、妙に体がだるい。

あれだけ気力を振り絞ったのだから当然だともいえるが、本当なら撮った映像をすぐにでも見たいところだが、とりあえず仕事に出かけ、帰ってきてからビデオを見ることにした。

仕事から帰宅し、いよいよ昨日撮ったビデオを見る。

楽しみだが、まあ恐らくただ自分が寝てる姿が映し出されているだけだろう。

叫んだところが、どう映ってるのかが気になるところだ。

カメラをPCに繋ぎ、ファイルを確認する。

ここでちょっとおかしなことに気づいた。

通常、保存された動画は「通し番号.拡張子」となる。

フォルダ内には、数日前から消さずに撮りためた動画ファイル数個と、昨日撮った動画ファイルだけがあるはずだったが、フォルダ内には、「ssggggg34333333333333」「B9めn項sSもp懺れ履水」のようなメチャメチャな名前のファイルが、30個くらいあった。拡張子もない。

ダブルクリックしても当然開けない。

ファイルサイズはそれぞれ3KB~550MBくらいまであったが、ためしに動画と同じ拡張子をつけてダブルクリックしてみても、再生されない。

仕方なく、ちゃんと「通し番号.拡張子」となってるファイルを開くことにした。

通し番号が一番新しいものが、昨日撮った映像だろう。

更新日時も今朝になっている。

再生が始まり、部屋が映し出される。

角度的には、ベッドで寝てる俺の足元の斜め上から俯瞰で撮っている形だ。

画面の下が一番手前になり、俺の足側、 画面の上が一番奥になり俺の頭側ということになる。

しばらくは何事も起こらなさそうなので早送りをする。

ここで、あれっ、と思った。

この動画の総時間が画面の右下に表示されているのだが、4時間ちょっとしかない。

寝た時間から考えると、7時間くらいあるはずなのだが、妙に短いのだ。

ずっと早送りを続ける。

その間、ベッドで寝ている俺は時折寝返りを打ったり微妙に動いているだけで、何の変化もない。

動画の4分の3過ぎたあたり、つまり開始から3時間経ったあたりまで早送りしたが何の変化もない。

しかし、昨日の感覚的に、このあたりで金縛りにあったんじゃないかと、予想を立てて、この辺りから通常再生にする。

動画開始から3時間半を過ぎたあたりで、異常が起こった。

先程と変わらぬ寝返りをうとうとした俺が、寝返りを打つちょうど真ん中あたりで画面が固まった。

具体的に言うと、右手が空中に浮いた状態で画面がそのままになってしまった。

あれ?と思って画面をよく見ると、再生自体は続いている。

経過時間を表す数字も、変わらず進み続けている。

画面の中の俺だけが、不自然に腕を空中に静止させたまま、一時停止のように動かないのだ。

もしかしてこれが金縛りなのか?

あまりの予想してなかった展開に心臓がバクバクしている。

金縛りとは脳の錯覚ではなかったのか?

実際に体が硬直するものだとは思いもしなかったので、どう捉えていいのかわからないまま、動画は再生を続ける。

硬直してから3分、画面は変わらないままだ。

と思ったが、何かおかしい。

この違和感はなんなのか?と疑問に感じているうち、はっと気がついた。

寝てる俺の足元の布団の中から、何か黒いものが出てきている。

あまりにゆっくりとした動きのため気づかなかったのだが、明らかに俺の体じゃないものが俺の足元からなんか出てきている。

やがて、何か出てきているそれは黒い部分のほかに白い部分も見え始めた。

どうやら髪の毛と額のようだ。

人の顔。

人の顔が、俺の足元の布団から逆さまにゆっくりと出てきている。

それに気づいた瞬間、俺は心臓が飛び出そうになった。

もう動画を見るのをやめよう。

そう思ったが、なぜか動画を見るのをやめられない。

手がガタガタ震えているのに、なぜか動画を見ることをやめてはいけないかのように、停止ボタンをクリックすることが出来ない。

体の自由が利かない。

起きながらにして、金縛りに遭っているかのように。

ついにその「顔」は、半分近く布団からせり出し、目が完全に見えている。

その両目はまったく生気がないが、カメラ越しにこっちを見てるように見える。

そのうち、映像から「ミュンミュンミュン」という金属(ばね?)的な音や「ピシ」「バシ」 という破裂音も聞こえ始めた。

このまま見続けたらやばい、あの顔が全部出てしまったらやばいと直感でそう感じる。

やめてくれ、もう見たくない、やめてくれ!

心の中で叫び続ける。

動画の再生時間は、もうまもなく終わりに近づいている。

頼む!このまま全てが見える前に動画が終わってくれ!と念じた次の瞬間、信じられないものが画面に映った。

画面の端からぬっと現れた人影が、ビデオのスイッチを押して録画を停止させたのだ。

しかし、その画面に映った、録画を停止させた人物は、他ならぬ俺だった。

画面に現れた俺は、無表情のままカメラに手を伸ばし、スイッチを押した。

それを見た俺は、もはや恐怖と混乱が頂点に達し、そのまま気を失ってしまった。

気づいたら、PCデスクに突っ伏したまま朝を迎えていたが、モニタ上のフォルダには動画ファイルと謎のファイルがそのまま残っている。

夢ではなかったのだ。

正直、そのファイルを再生する気には2度となれず、動画を消去した上に、カメラもその後処分してしまったのだが、その日は気分が悪く会社も休んでしまった。

あの時、俺が見たものは一体なんだったのか。

録画を停止させたのは、まぎれもなく俺だったが、そんな記憶はないし、だとしたら布団で寝てたのは一体誰だったというのか。

そしてあの顔は。

あれ以来俺は一度も金縛りに遭ってない。


解説↓続きを読む

激安アパートをおすすめしない理由

激安アパートをおすすめしない理由

単に大学4年間住んでた激安アパートが、マジ○チ住人しかいなかったって話。

都内だけど家賃3万円代、某物件サイトにも火事マークで載ってるとこ。

バルコニーと建物全体が変な形というかミニ四駆でいう肉抜きしてて、2階の部屋から全階の廊下が見える 。

オバケ臭い部分以外は箇条書きすます、オバケエピソードは2レスになってしまうスマン

マジ○チ住人エピソード

・入り口の集合ポストのとこの掲示板に「苦情のありました覗きはヒトではありませんので過度な反応は控えて下さい」

・3階建てで2階真ん中借りて全方向から奇声とか呻き声とかあらゆる声が聞こえてくる

・左隣りのポストに外側からリカちゃんの胴体が詰め込まれてて毎月増える

・上の住人が墨汁溶かした水で風呂とリビング浸水させて俺の部屋の天井がボツボツの真っ黒になる

・「お母さんです」と一見檀蜜を老けさせたみたいな小綺麗だけど目つきが尋常ではない初老の女性が23時前後に定期的に訪問(1階の人で全部屋にやってた)

・雨どいから小便が流れてくる

・好奇心から泊りにきた友人2人がバルコニー衝立で隠れながら住人観察して「動きがSIRENだわ…」と本気で青ざめてた(SIRENはゲームでいわゆるゾンビ)

・挙句に「俺ここに住むならホモになる」と言われて友人2人に朝まで抱きつかれながら寝た(アッーーはなし)

唯一のオバケっぽいエピソード

上に書いた友人2人が泊りに来た時と集合ポストのとこの掲示板の貼り紙の内容。

最初猫とかが覗きやイタズラしに来るのかーと思ってたら、そうでもない。

住み始めて4日目で0時~3時の時間帯で強烈な視線というか、誰も喋らない大人数に囲まれてる様な変な緊張感が1時間強続く事に気付いた。

引っ越し1日目から住人がキ○ガイばかりと気付いてたから関わらないが吉と思って無視してたけど、 どうにもトイレのある玄関方面から毎日変な感じの視線が続いて厚めの簾で玄関~トイレ扉の間をシャットアウトする事にした。

それ以外は特に何も無かったので、キチ○イ声も家賃の事もあったしイヤホンと耳栓で全ての音と雰囲気遮って毎日早めに就寝。

程なくして「お母さんです」おばさんの存在が出てきて、俺は勝手に視線=住人のおばさんと勝手に解釈してて変な安心をした。

でも来るのは週に1~2回だし、そもそも時間帯が午後9時前後だしどうせならひとまとめにしてくれとすら思ってた。

2年の秋に大学の友人2人に徐々にやつれてるきてる理由聞かれて、部屋の事を言ったら是非泊まりたいって事で2人が金土日に2泊3日する事になり、 上記のキチ○イエピソードを話を真に受けてなかった2人は本当って事分かってドン引きしてたが、 さすがに毎日覗きにくるおばさんはアカン、身なり綺麗ならまだ話せばやめてくれるかもしれないって事で2人で注意してくれる事になった。

毎日やってくると話したら、初日はまず何もしないで普通に過ごしつつどんな感じか体験しようって事になって、ちょうと午前1時位にアニメ全員で見てた時に異常な緊張感がやってきた。

俺は慣れたものだったけど、2人が俺の顔バッと見るくらい他人でもわかるくらいの異常さというか玄関から異常な視線がゆんゆんしてくる。

ジェスチャーと口パクで友人が玄関の簾指さしながら「これか?これか?」やってて、俺が頷くと2人は俺に超くっついてきて1日目終了。

2日目朝に、「あれはヤベーわ」って既に2人がやつれてて、でもあんなのが毎日ある俺はもっとヤバいよなって友人2人は話してて、注意はしてくれるって事になった。

無理せんでもって話をしたけど、この事に俺は本当に感動した。

適当に昼間遊びに出て3人で帰宅したのが午前10時、もしかしたらお母さんおばさん来るかもって話をしてたら案の定来た。

でもドアをトントンして「お母さんです」って言っていくだけだし、覗きは現行犯じゃないとって話になって3人でガン無視。

おばさん隣の部屋へ通常運行。

問題の視線の時間付近になって、住人が住人なんで逆恨みとか出ない様に念のため2人には覆面というか手拭い被って顔わからなくして貰った。

それに安心したのか注意してやるぜwwwみたいな雰囲気なってこれはイケる!ってなったんだけど、0時ちょい過ぎたあたりで強烈な視線がきて2人はやっぱり萎縮、でも頑張るってジェスチャーしながら(俺は金属バット持って待機)、視線がきて20分くらい経った時にゆっくり玄関まで行って2人はせーの!でバッと簾よける音がした途端に友人1人の本気の悲鳴ともう1人は腰抜かしてて、 あの強烈な視線が無くなってた。(ただしその時だけで翌日以降は普通に視線ありました)

友人2人は「フクロウ」と「蛾」って行ってて、話を聞くと蛾の目玉模様みたいな崩れた顔が覗いてて、2人が見た瞬間にすっと下に向かって消えた。

玄関ポストと下は顔をバッて下にやったら顎強打するくらいの距離なので多分おばさんではない、気配も足音もその後しなかった、無視が一番だって結論になった。

3日目朝に帰る時に友人2人はしきりに引っ越しした方がいいって言われたが正直財政的に無理だったので4年間凄し通した。

体重は23kg減って顔色悪いヒョロ糞ガリになって卒業する頃には見た目だけならキチ○イ住人とあまり変わらなかったと思う。

話はこれでおしまい。

問題ある格安物件は色々と消耗するからマジでおすすめしないって話でした。

あまり書き込みすると特定されそうで怖いんで、最後にキチ○イエピソードひとつだけ

エロ注意というかマジ気持ち悪いんで注意

2階の階段踊り場で全身真っ黒ダイビングスーツ(ラバースーツ)と顔全く見えない防毒マスクでチンポロだけしてシコってる男が頻繁にいた

真ん中にウンコ座りしてる感じで俺が前通っても無反応で、無心でシコってるだけだから実害はなかったというか何というか。

バイトで朝5時過ぎて明るんでからどこからともなく現れる系で、1年半くらいで消えた。

住人かどうかは不明。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 妻の怒りと結婚円満の秘訣

意味がわかると怖い話 妻の怒りと結婚円満の秘訣

ある田舎町で、老夫婦に地元新聞がインタビューした。

「 50年も結婚生活を続けてこられた秘訣は? 」

すると夫は、懐かしそうに昔を振り返って答えた。

「 わしらは新婚旅行でメキシコへ行ったんじゃ。 そしてロバを借りて2人で砂漠をのんびりと歩き回った。すると妻の乗ったロバが急にガクンと膝を折って、妻はロバの背中から転げ落ちてしまったんじゃ。 妻は 『 1 』 とだけ言うと、何事も無かったようにロバにまたがって、散歩を続けてな。  しばらくして、またロバが急に膝を折ったので案の定、妻は落ちてしまった。  妻は 『 2 』とだけ言うと、ロバに乗った。  そして妻が3度目に落とされた時、荷物の中からリボルバーを取りだして、ロバを撃ち殺してしまったのじゃ。 わしゃあ、びっくりしてな。 いくらなんでも撃ち殺すことはなかろうと妻をその時、ひどく叱ったんじゃ。 そうしたら妻がこう言ったんじゃよ 。」

「 何でしょう? 」

「 1 」


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 怒りで顔が赤い姉

意味がわかると怖い話 怒りで顔が赤い姉

僕の姉さんは怒りっぽい。

何かというと僕を怒ってばかりいる。

そりゃ、美人でスタイル抜群で頭もいい姉さんからすると、僕がちゃんとしてない人間に見えるのは仕方ないかも知れないけどさ。

昨日も怒られたし、ついさっきも怒られた。

「、、、ちゃんとしてよ!早く」

姉さんの顔は真っ赤だ。

「もう我慢できない」

さっきも怒られたばかりで、うなだれている僕。

当分元気になれそうにない。

なのに姉さんはそんな僕におかまいなく、激しく口で責め立てて来る。

そりゃ頭ではわかっているけど、すぐに実行に移せるわけないじゃないか。

そう言い返すと、「あなたのやる気の問題でしょ!」と言い返してくる。

僕はため息をついた。

母さんになぐさめられると、すぐに元気が出てもっとがんばろうって気になれるのにな。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 ハノイの塔で負ければ地獄

意味がわかると怖い話 ハノイの塔で負ければ地獄

俺はあるヤクザと勝負している。

3本の柱A,B,Cがあり、柱Aにある64枚の円盤(上から下で順に大きい)を1枚ずつ柱Bを中継点にして柱Cに移動させる。

ただし、どの柱でも上の円盤の方が小さくなければならない。

ヤクザ「このゲームを24時間以内にクリア出来れば、1000万やろう。但し失敗した場合は解体ショーのゲストになって貰う」

こんな簡単なゲームで1000万は、美味しいよな(笑)


解説↓続きを読む
PR