考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

つい先日の話。

私は夫と0歳児と犬と暮らすごく平凡な主婦です。
家は都内にありがちな狭小三階建て。
以前は夫と犬と三階のベッドルームで寝ていたのですが、出産を機に二階の和室にて
親子三人川の字+犬で寝る事にしました。

そんな矢先の先の年明け、私はノロウイルスにかかってしまいました。
夫と子への感染が心配だったため、私は数日間一人三階のベッドルームで休む事にしました。
我が家は二階と三階にトイレ(三階には洗面台もあります)があり、ベッドルームには小型冷蔵庫もあります。
私はスポーツドリンクや栄養ドリンク、ゼリー飲料、水、着替え、その他必要な小物を用意してベッドルームに籠城。
夫との連絡はスマホのショートメッセージで済ませる事にしました。

数日後、下痢嘔吐高熱も収まり私は二階へ降りて久々に夫と子供と顔を合わせました。
数日間とは言え、子供には寂しい思いをさせ、夫には慣れない育児を肩代わりしてもらい、申し訳ないやらありがたいやら。

そして二階に降りたその日の夕飯時、夫が妙な事を言いました。
「子供にうつるかもしれないんだし、△△(私)も体が辛かったろうから無理して毎晩降りて来なくてよかったのに」
夫によると、夜子供がぐずっていると私?が降りてきておっぱいを上げようとしたそう。
しかし子供は飲んでくれないどころかますます泣くばかりで、私?はあやすために子供を
庭(プランターが数個置いてあるだけの小さな庭です)へ執拗に連れ出そうとしたそうです。
確かに夏場に子供がぐずついた時は連れ出して気分転換させてましたが、寒さ厳しい季節になってからは夜中の庭へ出た事はありませんでした。
夫はというと私を心配して、自分がやるから大丈夫だよと毎晩渋るというか癇癪を起こす私を強引に三階へ戻し、二階で子供をあやしていたそうです。

「私治るまで一度も降りてないんだけど……」
初めは冗談扱いしていた夫も、私の真剣な表情と口振りに
「じゃあ毎晩降りてきた△△は何だったんだ」
と顔面蒼白。
夫曰く、そういえば犬が私?に向かって今にも噛みつきそうな勢いで唸っていたそうです。
私が実家から連れてきた犬で、普段は子供と争うかのように私に甘えてくる犬なのに。

そして今。
私はまたもや体調を崩してインフルエンザでダウン。
でも私?に子供を攫われそうなので、今回は三階籠城はせず感染覚悟で親子三人川の字 +犬で寝てます。
今のところ何も起こらず。
家にも異変はありません。
犬も以前と変わらぬ甘えん坊。

家は新築だし、土地も義祖父が畑にしていた場所で因縁めいたものも特にありません。
夫も私も地味ないわゆる「いい人」の元喪で異性から怨みを買う覚えもないし、周りに生き霊飛ばすような不妊の人もいません。
ただ単に私自身が生き霊を飛ばしてしまっただけなのかな。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 失恋直後の失意

意味がわかると怖い話 失恋直後の失意

親友だと思っていた奴に、彼女を奪われてしまった。

その親友は、ビルの屋上で花火を観賞をしていた。

俺が近づくと、親友は言う。

「あいつを奪うみたいな形になってしまって、悪かったな。」

『しょうがないだろ。』

「怒って・・・ないのか?」

『別に。あいつが、俺よりお前を選んだだけだから。』

「そっか。それ聞いて安心したよ。」

『あいつが待ってるから、早くいけよ!』

「そう言ってくれて嬉しいよ。ありがとう。応援してくれな。」

俺は、親友の背中を力強く押した。

解説↓続きを読む

あり得そうな怖い話 友達の彼女

あり得そうな怖い話 友達の彼女

大学生の時だな、
友達Aに遠距離の彼女が出来たらしくて、まぁ毎日のろけ話のウザいことウザいこと。

そんである日、Aの家で遊んでた時のこと。
午前2時頃だな、Aが眠気に負けて寝落ちしたんだ。
すると俺と同じくAののろけ話に辟易してた別の友達Bが、
「Aの携帯からAの彼女にイタ電しようぜwww」
って言い出した。
今考えるとかなりDQNな行動だし、反省もしてるんだが、お酒が入ってたのもあって、とにかくその時は俺もノリノリだったんだ。

Aの携帯をこっそり開いて、とりあえずはメールでも見てやろうと受信ボックスを開く。
もうね、Aの彼女の名前がずらーっとね。
ちょくちょく摘まんで読んでみたところ、甘々なメールばかり。
送信ボックスも見た。
これまた甘々なメールの数々に俺とB爆笑。
同時に嫉妬の炎が俺達の心の中に燃え上がり、これはもう本当にイタ電するっきゃないとなった。

何故か着信履歴にはAの彼女の名前が無かったので、アドレス帳から探し、発信。
出るかなー、なんてワクワクしてたところ、部屋に謎の着信音が鳴り響いた。

「…お前の携帯?」
Bは言う。
「いや、俺のじゃないよ、Bじゃない?」
その時Aの部屋にいたのは、俺とAとBの三人だ。
俺の携帯じゃない。
Bの携帯でもない。
Aの携帯は今俺が持ってる。
この部屋にもう一台携帯がある筈は無いんだ。

Aの彼女にかけた途端に鳴り出した、謎の携帯。
これが指し示す事実は、まぁ、一つしか無いよな。
音の出所を探す。
Aがいつも持ってる鞄の中から音がしていた。
開けてみると、水色の携帯が一台。

恐る恐る開く。
画面には着信の表示。
Aの名前が出ていた。

「…こいつ何してんだよ」
Bがマジで引いてる。
俺もぞっとして、酔いが醒めたわ。

幸い、Aは起きなかった。
Aの携帯二台からそれぞれ発信、着信履歴を消し、何事も無かったかのように翌朝も振る舞った。
全然眠れなかったけどな。

それ以来、なんとなくAとは疎遠になっていったけど、あれからも何度かのろけ話を聞いた。

大したこと無い話なんだけど、俺的には本当に怖かったです。


解説↓続きを読む

怖い話 霊感のある女性の恐怖

怖い話 霊感のある女性の恐怖

私の家族で、父は北海道の神社をしていた家系でハッキリと見える人

母は感が鋭く、誰かが入院したなど聞くと「○月△日、◎時頃に亡くなる」と言い、実際、何回も当たったことがある。ちなみに、母も見える人。

私は両親の血を継いだのか、見えるし感は鋭いし、小さい頃から世界を色で見ていた。

例えば、気の合わない人は赤、本能的に好きになる人は青、一緒にいて安心する人はオレンジ、のように、空の色や、水の色も視覚的に見たものと、感覚的に見たものではまったく違う、変な感覚の持ち主。

誰かが死んだ場所には色があって、それが時代によって違ったりする。青は平成、昭和はセピアっぽかった、大正はコントラストが高めだったり。

そんな私は、某大手チェーンのカフェで働いているのだが、去年から喫煙席が変に暗くて誰かがいる。

一番奥の席、そこに女の人が座ってた。色は青。きっと平成に亡くなった方だと思う。

それを私だけが見ているならまだしも、一緒に働いている友達も、そこになにかがいる、と言う。

まあ、なにかしてくる様子もなかったから無視してたんだけど、たまに、ガタガタと動いたりする。

でもやっぱり、そんなに気にならなかった。だってなにもしてこないから。

まあそんなこんなで、特になにもされることなく、店が改装した。

その女性がいたところは、照明が変わり随分と明るくなった。

女性の陰は、少しだけ薄れた気がするなぁ、と思ってたんだけど、新しく出来た喫煙席に6人くらい新入りが増えた。

まあ今回の話の主役はその6人ではないから、今回は話しません。

わたしはその新入りに目をとられ、女性を気にすることがなくなったの。

でも一昨日、その女性が明らかにおかしかった。

いままではジッと座ってたのに、立ってた。しかも、歩いてるの。

前には進んでないけど、体が左右に揺れてる。

ジワジワと、近づいてくる感じ。

でもまあ、いままでなにもしてこなかったから、と、その日は少し怖いなぁと感じながらも店を出た。

それで、昨日いつものように店に入ったら、その女性と目が合った。

ということは、その女性の場所が移動した、てこと。

いままで女性のいたところは、入り口からじゃ見えない、一番遠いところ。

それでも昨日行ったら、入り口から入ってくるわたしをジッと見てた。

赤黒くて、睨むみたいに私を見てる。

私は慌てて店を出て、色んな人に電話をかけまくった。

気が狂いそうだった。

逃げたかったけど、仕事あるし、とどこか冷静で。

でも店に入ることはできなかった。

何人も電話した。

そしたら、母にやっと電話が繋がった。

私はワンワン泣きながら母に怖い怖いと言い続けた。

実際死ぬほど怖かった。

入り口から2mほど離れた従業員用駐輪場にしゃがみ込んで、泣きながら電話をする。そしたら母が、

母「あんたなにしたの!!!その声は誰!!!!」

と怒鳴りだした。

その声?私以外その場にいない、と思い、顔を上げたら、女性が店の中に立って、私を見ていた。

入り口は全部ガラス張りだから、ハッキリ見えた。

私は、なんでいるの、と金切り声で叫ぶ。もちろん通行人もビックリ。

母は、すぐに行くから待ってなさい、と言うけど、こんな所で待ってるなんて正直無理。

足がもつれながらも店から離れ、近くの某ファストフードのビルの隙間に座り込んだ。

そしたらバイト先から電話がきた。

事情も説明しなきゃならないし、と電話に出て、ひたすら謝り倒す。

今日はもう無理です、行けません、と言い続けたときに、電話先の先輩が

「○○(私)?○○以外の女の人の声で聞こえないよ!どうしたの!!!」

と言う。

他の人の声?まただ。でも、ビルの隙間。私以外の声なんか入るはずがない。

そう言われ、声が出なくなった。涙も止まらない。

そしたら、急にスマホの充電がなくなった。

家をでる直前まで充電してたのに、画面には「充電がなくなりました、シャットダウンします」みたいな文字。

でもその画面もオカシイ。文字が乱れてる。こんなバグは初めてだった。

薄暗いビルの隙間に耐えられなくなって、その某ファストフードの店に入って母を待った。

待ってる間、耳元で誰かがしゃべってる。

怖くて、泣きながら母を待つ。

10分ほどして、母がくると、父の実家から送られてきた水晶のブレスレットと、水を私に渡す。

「いますぐ飲みきりなさい」

と母は私に怒鳴って、震える手でタンブラーに入った水を飲み干す。ちょっと塩辛い。

飲み干すと、母は私を無理矢理ファストフード店から出し車道まで出ると私に向けて大量の塩をぶちまけた。目に入って痛かった…とにかく、痛くてまた泣く。

人通りの多い道だからもちろん周りはポカン。立ち止まる人もいた。

それでも、耳元でのしゃべり声はなくなった。

そんで家にタクシーで帰って、玄関で待ち構えていた父に怒鳴られる。

「明日必ずお祓いに行け。なんてもんを連れてかえってきたんだ!」

と。

まだいるのか、と思いつつ、私は頷いて、少しだけ寝ようと母の布団に潜り込んだ。

私の部屋は霊の溜まり場所だし、隣人が自殺した部屋に面してたから、部屋に入る気になんてなれなかった。

少しウトウトしはじめて、何気なく窓の外を見た。

いる、あの人が。

でも割と冷静で、参ったなぁ、どうしよう、なんて思いながらちょっとだけ効いてきた睡眠薬につられて眠った。

それでも、深夜のバイトがあるから、深夜の別のバイトに向かう。

そのころにはすっかり心が晴れて、気持ちよくバイトをしてた。

バイトが終わって、3時過ぎに家に帰ってきて。

うちは5階だから5階までエレベーター使って、外にある廊下を歩く。

そのとき、感じたことのない違和感を覚えた。

5階から見下ろすと公園があるんだけど、いるんだなぁ、そこに。

あの女性が立ってる。

しかもこっちを見ながら。

慌てて部屋に入って、母の隣に潜り込んだ。いま、ここ。

みんな寝てるはずなのに、リビングに誰かいる。

参った。私は明日お祓い行きます。


解説↓続きを読む

一歩間違えれば大事件 実話の怖い話

一歩間違えれば大事件 現実味のあるの怖い話

結構昔だけど19歳くらいで専門学校の学生だった頃の事。

学校にはバイク→電車→徒歩で通学していた。

駐輪場がいっぱいの時はそこらの自転車とか寄せて停めるしかないんだけど、田舎のちょっと大きめの駅だと駐輪場とか溢れかえるくらい多い。

そんな時はもう駐輪ゾーン横にでも適当な場所に停めてロックしておくしかない。まあそこすら溢れてるんだけど。

ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。

駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。(放置自転車があるからそれなりにはあるけど)

混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。

ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。

倒れている物も多い。

見られている気配というのか、周りが妙に気になった。

サッサと帰ろうとバイクに荷物入れてロック外して駐輪場から出そうとしていると、ん?

なんかすげー重い。

確認すると後輪がパンクしていた。

嘘だろ。

スポークホイールだぞ、チューブだから修理できないし帰れないじゃないか。

タイヤを見てみると、パンク傷が思いっきりナイフなどで切られた痕だった。。

「……か…よ…邪魔……とこに……てんじゃ…ねー…よ」

と、突然声が聞こえた。

ビクッとして立ち上がると、駐輪場の中に人が立っていた。

照明は一つ一つ離れていて少し暗いが、照明の下はよく見える。

そいつは照明から少し離れたところに居てたが、背が高く細い奴のようだった。

誰も居ない駐輪場ににょきっと突然人が出てきてゾクッとしたが、こっち見てなんか喋ってるのが解ると普通の人間だと解り少しほっとした。

ホッとするんじゃなかった。

そいつは突然こっちに走ってきた。

照明の下を通った所で見えたが、手に小さなナイフ持って振り回してやがる。

漫画みたいにブンブンあほみたいに。空を切るそれはなんの意味があるんだ。

その時はそんな余裕もなく、うわー!と慌てた。

「お前らの自転車邪魔なんだよぉぉぉ!!ここに置くんじゃねぇぇよぉぉ!」

完全にこっち狙ってるのが解ったが、ナイフ持ってる相手に背中向けて逃げるのは無防備で余計に怖い。

バイクにかけてあったオフロードフルフェイスヘルメットを取り、こっちに真っ直ぐ走ってくるナイフマンに思いっきり投げつけた。

相手のダメージ考えずに物を思い切り投げたの初めてだ。

メットはこっちに向かってくる奴の顔面にボゴォっと当たり、そいつは「うごぉぉっ!!」って吹っ飛んだ。

私のメットはゴロンゴロンと悲しい音を立てて転がっていった。

相手は地面に転がったがまだナイフを持ってる。

私は急いでバイクに縛り付けたバッグを開け、中から取り出した。

包丁を2本。

当時調理師専門学校生で、丁度偶然包丁を持ち帰る日で包丁セットの入ったバッグを持っていたのだ。

相手は立ち上がろうとしていたが、脳震盪でも起こしたのか顔にダメージを負ったのかよろよろしていた。

そいつに包丁を持って近づいたら、奴はこっちを見て尻餅をついた。

「うぁぅぁぁぁ……やめて」

何を言ってやがる。

ナイフを武器にする奴はその怖さもよく理解しているのか、自分より多い武器に怯えたのか、包丁が出刃包丁と柳刃包丁で見た目にも鋭利すぎたのが怖かったのか、完全に逃げ腰で両手で体を支えるような感じ。

これ他の人から見たら完全に私が加害者だよな。

そいつを見張りながら携帯で警察に連絡し、警察が来るまで「ちょっとでも動いたら、ヤルヨ」と脅してた。

私も怖かったけど、相手が戦意喪失状態で助かった。

警察が到着すると、奴は縮こまってナイフも手放してた。

警察は真っ先に私に近づき完全に拘束しようとしてる……。凄く…恐いです。

私は包丁を地面に置き、警察に説明。

通報したのも自分だと説明して、携帯見せて納得して貰った。

当時は包丁などもバッグに入れていれば問題なく持ち運びできた。

この数年後にナイフによる事件があり、学校や店から持ち帰るなどの理由ですら厳しく取り締まられるようになったようだ。

奴は警察に拘束され、その後奴のナイフを確認し駐輪場の自転車を警察が見て回ると、残っている殆どの自転車やバイクなどのタイヤがそのナイフによって引き裂かれていた。

私もバイクをやられたのを調書に書いておいた。

後に相手から弁償をして貰った。奴の家族がしたのか、届け出た被害者全員にきちんと支払われたようだ。勿論大事なメット代金も貰った。

警察から聞いたが、そいつも自転車できてるらしく、駐輪場に停める場所が無くて場所を空けるためにやったとかなんとか。

まあタイヤ切り裂かれる所になんかだれも停めたくはないし、それ狙いだったのかな。

洒落にならないのは、夜遅かったとはいえ駐輪場周辺には民家もあるのにあの奇声を聞いて出てくる人も居なければ、通りかかる人も居なかった。

こんな場所で女性がナイフ持った男に襲われたら逃げるの無理だろうなと思った。

その点は駅の方へ連絡しておいたら、卒業前だから1年も経たずに照明が増えて明るくなり、駐輪場も整理されて放置自転車も逐一処理されるようになった。

卒業までしかその恩恵には預かれなかったけど。

包丁二刀流は洒落にならないほど安心感があった。


解説↓続きを読む

意味が分かると怖い話 暗号解読

意味が分かると怖い話 暗号解読

大学生になって初めてのクリスマスが訪れようとしていた。

大学に入ったら彼女を作ってやる、なんて意気揚々としていたのだけれど、残念ながら今年も独りで、それどころかバイトでベリー苦しみますを過ごすことになりそうだ。

そろそろ年賀状を出さないといけないわけだが、数人住所がわからなかったので、講義が終了した後、聞いて回った。

大学で知り合った友人Iについては、最近学校にも来ていないので、メールして聞くことにしたら、すぐに返事が返ってきた。

『××町8-5 グリーンハイツ星野L館 16-13-5室』

お、生きてる生きてる、とか少々不謹慎なことを思いつつも、安心していた。

今度は電話をして、近況を聞くことにしたが、電話には出なかった。

おかしいと思いながらも、バイトに遅れるのでここで切ることにした。

帰ってきてから携帯の電源を入れ、切ったすぐ後にIからメールが届いていた。

『やっほー^^14日あいてる?さつき思いついたんだけど遊びに行こうよo(^_^)o Xマスも終わったらあくでしょ?いつもバイト、はつか れるでしょ?25日、どうせ暇なら相手してよ。××水族館でサンゴの特別イベントやってるよ。こんどブラックジャックのやりかた教えてね(はぁと』

今日は深夜までシフトが入っていたので、頭が回らなかった。

明日もう一回見ることにしよう。

ああ、そう言えば実家にも帰らないと。

そして、Iには年賀状が届かなかった、それはそうだ、こんな住所の書き方、あり得ない。


解説↓続きを読む
PR