意味がわかると怖い話 初めての家庭科

意味がわかると怖い話 初めての家庭科

7がつ5にち

きょう、はじめてかていかをならった。

ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。

せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。

はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。

1ぱんはごはんをたいた。

2はんはおみそしるをつくった。

3ぱんはカレーをつくった。

ぼくは3ぱんです。

じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。

「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。

じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。

カレーのルーをいれた。

しばらくしたらカレーができた。

やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。

がっこうのかえりにびょういんにいった。

ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。

ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。

うれしかった。

「そのときはいもうともいっしょよ」といった。

いもうとは、ともよというなまえだ。

ママはともよをうんだので、びょういんにいる。

「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。

もうちょっとおおきくなったらたべるとママはいった。

おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。

7がつ8にち

ママとともよがいえにかえってきた。

パパはにこにこしている。

ぼくはママとパパにカレーをつくってあげようとおもってそういった。

「いいから、おとなしくしていなさい」

パパがそういって、なにもさせてくれなかった。

ママにあそんでもらおうとおもった。

でも、ママはずっとともよとあそんでいる。

7がつ10にち

きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。

おしょうがつみたいでうれしかった。

しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。

だけどあそんでくれなかった。

かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。

だけどよんでもらえなかった。

おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。

みんなともよとあそんでいる。

「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」

みんなにそういわれた。

7がつ12にち

こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。

みんなともよとあそびにくる。

ぼくとあそんでくれない。

「たべちゃいたいくらいかわいいって」

ママはともよをだっこしていった。

パパも「そのとおりだよ」といった。

「よかったねともよ」とママはいった。

7がつ18にち

はやおきしてカレーをつくった。

やさいはじょうずにきれた。

おにくはむずかしかった。

やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。

「ともよー!ともよー!」

ママがともよをさがしてる。

もうすぐみんながくる。

カレーがぐつぐつにえている。

「ともよー!ともよー!」

たべちゃいたいぐらいかわいいともよ


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 地縛霊の住むホテル

出張に行く前に、「あのホテルは出るぞー」と、同僚から散々脅された。

ホテルに宿泊する際、ビビりな俺はガクブル状態で、夜ベッドに潜り込む。

夜が更けてくると、扉をノックする音が聞こえた。

あれ?

こんな時間に、ホテルの従業員かな?

と思って、声をかけてみるが、返事はない。

だんだん怖くなってしまい、ドアも見るのも嫌だった。

その間も、ノックの音は夜の間ずっと聞こえていた。

夜が明け、ノックの音も止み、俺はすぐにホテルをチェックアウトする。

出張から帰ってきてから、同僚にノックの話をしてみると

「やっぱり、出たか・・・」

と。

なんでも、そのホテルでは、昔火事があって、逃げ遅れた人がいたのだとか。

その人は、運悪く部屋の中に閉じ込められてしまい、そのまま亡くなってしまったそうだ。

これを聞いて、ドアを開けないで本当に良かったと思った。

あのときドアを開けていたら、どんなに恐ろしいことが起きていたことか。

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 学校にある危険な遊具

意味がわかると怖い話 学校にある危険な遊具

友達が小学生のとき、学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。

で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。

ある日、その遊具で怪我人が出た。

遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。

両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。

そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。

20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、聞いた時は何が怖いのかわからなかった。

わかってから何か怖くなったよ。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 女性アイドルとストーカー男

その男は、あるアイドル夢中だった。

そのアイドルをAとしよう。

男は、収入が少なく生活に余裕はなかった。

でも、稼いだ金のほとんどをアイドルAにつぎ込み続けた。

写真集やDVDが発売されると、発売イベントには必ず顔を出し、その場であるだけの金をすべて使った。

その日。

アイドルAのバースデーイベントが行われていた。

当然、男は参加する。

握手待ちの列に並んでいると、アイドルAのマネージャーが男に話しかけてきた。

「いつも、Aの応援ありがとうございます!」

毎回、イベントの度に顔を出し、写真集などを数十冊単位で買っていく男は、スタッフ陣からも顔を覚えられていて、すっかり顔馴染みだったのだ。

「Aも、とっても喜んでいるんですよ!」

そう言わると、嬉しくてたまらなくなる男。

そして、待ちに待った握手の順番が回っていた。

「わぁ!ありがとー。」

目の前で微笑みながら喜ぶAの姿を見て、男はこの上ない幸せを感じていた。

・・・それから数日後のことだった。

Aは、自宅前の路上でメッタ刺しにされて惨殺された。

犯人は、その男だったのだ。

目撃者の証言から、犯人はすぐに特定され、男は抵抗することなく逮捕された。

刑事は、男に聞く。

「なんで、あんなことをした?」

男は、ぼそりと返事をする。

「ずっと・・・暗かったから。」

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 女子トイレを覗く男

先日、地元の駅のトイレで、覗かれてしまいました。

駅の決してキレイではないトイレですので、本当はあまり行きたくないところなのですが、そのときは我慢できない状態だったのです。

トイレが終わり立ち上がると、背後から視線のような気配を感じました。

後ろのドアを見てみると、床と扉の5センチくらいの隙間から、覗かれてたんです!!

その隙間から、男性の目が2つ横に並んで私をじっと見てました。

確実に、全部見られていたと思います・・・

最悪・・・・

もう、怖さと焦りから頭がパニック状態で、震えが止まらず、他の誰かがトイレに入ってくるまでの間、外に出ることができませんでした。

あなたもお気をつけください。

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 高速道路の危険

俺は、運び屋をやっている。

バイクで高速を走るのが毎日の日課になっていた。

その日も、荷物を届けるため、高速を飛ばし目的地へと向かった。

高速道路を走っていると、途中、車線を変更してきた車に接触した。

一瞬、バランスを崩しそうになる。

なんとか体勢を立て直しながら思った。

「危ねえな。車線変えるなら、後ろくらい確認しろよ!」

その後も、バイクで走り続ける。

そして、目的地に到着したので、料金所に行き、金を支払おうとオートバイを停車させる。

・・・次の瞬間、俺は派手にぶっ倒れた。

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 山道を急ぐ車

街灯もない。

民家の明かりも、月明かりすらもない山道。

車を飛ばして、家路を急ぐ。

突然、目の前には人が飛び出してきた。

急ブレーキを踏みこみ、なんとか衝突は回避した。

飛び出してきた相手も、無事だったようだが、凄まじい形相でなにか言っている。

怖くなってしまい、アクセル全開で逃げるようにその場を去った。

バックミラーで後ろを確認すると、まだこっちを睨んでいる。

しつこいな。

車の前に飛び出してくる奴が悪いだろうが・・・

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 クローバーと殺人事件

意味がわかると怖い話 クローバーと殺人事件

最近、近所で連続殺人事件が起きている。

被害者は、すべて同じ小学校の子供。

その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。

事件現場に供えられた沢山の花。しかしその中にクローバーが大量に供えてある。

他の現場でも必ずクローバーが大量に供えられている。

どうやら、あるお婆さんが供えているらしい。

歳は80前後といったところだろうか。

とても温厚そうなお婆さん。

涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていく。

お孫さんなのだろうか。

それとも、知り合いの子供さんなのだろうか。

私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどそのお婆さんと会った。

お婆さんは、いつものようにクローバーを供えている。

「なぜ?クローバーを供えているんですか?」

「クローバーって、四葉とかあったりして幸せな花じゃない?向こうでも幸せにしてほしいって意味を込めてるのよ。」

そう答えるお婆さんは、とても優しい目をしていたが、時折切ない表情も垣間見えた。

「実はね、私の孫も亡くなってしまったのよ。別の事件なんだけど、学校の事故で。詳しい事はまだわかっていないらしいんだけどね。この殺人事件で亡くなった子達、孫ととても仲良くしてくれてたらしいのよ。だからこうして、全員にクローバーを供えているの。」

涙しながらそう話すと、お婆さんはその場を去っていった。

こんな優しいお婆さんもいるんだな、という思いにふけりながら帰宅した。


解説↓続きを読む
PR