意味がわかると怖い話 頭の禿げている美術教師

意味がわかると怖い話 頭の禿げている美術教師

私が中学生の時の話です。

私の中学の美術の先生はハゲでした。

ハゲといっても、汚いハゲです。

ハゲのクセに、髪の毛を伸ばし輪ゴムで括って頭は中年油でテカテカでした。

オタク+浮浪者のような感じを想像して下さい。

まぁ、先生のハゲ具合は置いといて。

その先生、女子には優しく(でもベタベタ触ってきたりキモイ)男子には意地悪な人でした。

特に美術のめちゃくちゃ得意なA君にはケチを付けたり、道具を貸し渋ったり特に陰険でした。

一番酷かった時など先生がA君の版画を乱暴に扱い一部が破損した事もありました。

A君の細工は細部まで丁寧に作られていて、繊細すぎるから破損し易いっちゃし易いんですが。

せっかくの大作を破損させられたのには、流石に普段優しく穏やかなA君も我慢の限界だったんでしょうね。

俯いて何やらブツブツ呪文のような事を延々と呟いていました。

少し怖かったんですがよく聞くと。

凄い形相で、

「ハゲシャイン。ハゲシャイン。ハゲシャイン。・・・」

私は吹き出してしまいました。

確かにハゲが光ってるわw

語呂のよさに、たちまち広がり先生のアダナはハゲシャインになりました。

他の生徒も先生を嫌っていたので、授業中は勿論すれ違い様も皆にハゲシャインとからかわれていました。(ザマァw

しばらくして、ハゲシャインは体調を崩し辞めてしまいました。

その時のA君の顔ときたら、ものすごく嬉しそうでした。(良かったねA君)

で、代わりに来た新しい美術の先生はというと、代わらずオタク系の人でしたが、誰にでもやさしく、自作の漫画を持ってきて見せてくれたり、実力のある生徒は認めてくれる良い先生でした。

めでたしめでたし(*^-^)b


解説↓続きを読む

謎の多い遺恨の暗号文 いろは順

謎の多い遺恨の暗号文 いろは順

いろはにほへと


ちるぬるをわが


よたれそつねな


らぬうゐのおく


やまけふこえて


あさきゆめみし


えひも せ す


解説↓続きを読む

意味が分かると怖い話 嫌いな上司に呪いをかけたら

彼女には、嫌いな上司が会社にいた。

太っていて脂ぎっている。

眼鏡も異常にダサい。

うっすらハゲているのに、必死に隠そうとしているのが情けない。

ハゲていて、デブで、ダサ眼鏡の、マイナス三拍子が揃った上司を、嫌っていたのだ。

ある日のこと。

彼女は、「あ、白髪発見!」とウソをつくと、上司の髪の毛を一本頂戴した。

その髪の毛を、知り合いの呪い代行人に渡すと、丑の刻参りをしてもらうことにした。

だが・・・待てど暮らせど、上司に呪いはかからずに、何年経ってもピンピンと元気だった。

呪いの藁人形に入れた1本の髪の毛も、何年経過しても朽ちることはなかった。

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 メール受信で分かる二人の関係

意味がわかると怖い話 メール受信で分かる二人の関係

件名:Re:Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:
本文:やめて、こないで
    > 何それいきなり、ひどいなぁ。どうしたの?何か変だよ

件名:Re:Re2:Re2:Re2:Re2:
本文:あなた誰なの
    > 俺だよ、何言ってるの?

件名:Re:Re2:Re2:Re2:
本文:今チャイム鳴らし続けてるの、あなたじゃないよね
    > 落ち着いて、俺が今すぐに行くから待ってて

件名:Re:Re2:Re2:
本文: 本当に怖いんだけど 警察呼ぶ
    > 俺が助けてあげるから

件名:Re:Re2:
本文: 誰なの?悪ふざけはやめて
    > わかった、あいつに悪い事されてるんだな?

件名:Re:
本文: 誰?
    > お前が今日一緒に歩いてた男、あいつ誰なんだ?お前の恋人は俺だろ?


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 見晴らしのいい展望台での後悔

景色が良く、ちょっとした名所として知られる、この山の崖。

展望台は、見晴らしがよく風も心地良い。

展望台には、望遠鏡も設置されている。

こんな場所では誰もがやる「自分の家の方角はあっちかな」などと考えながら、望遠鏡に近づいていくと同時に知らない男が一人近づいてきた。

「お先に、どうぞ。」

「あ、ありがとうございます。」

男は、そのまま崖から身を投げた。

あのとき・・・譲らなければ、良かった。

俺は、全身に強い痛みを感じながら、酷く後悔していた・・・

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 寝たきりの姉が亡くなった理由

意味がわかると怖い話 寝たきりの姉が亡くなった理由

中学三年の時、Aという男子の転校生がうちのクラスに来た。

席が俺の隣になったので、休み時間に話しかけたらすぐに打ちとけた。

お互いの家族構成なんかを話してると、ずいぶん前に死に別れた姉がいたことを教えてくれた。

神経系の難病だったらしく、意識はしっかりしてるんだけど身体は動かなくなっていき、最期の数年間は寝たきり状態で、よく「死にたい死にたい」と言ってたそうだ。

ずいぶん重い話を初対面で話すんだなあと思ったけど、まあ心を許してくれたんだから、良い友達になれそうだなと思い、放課後一緒に帰るついでにAの家に遊びに行くことにした。

Aの家は新築の、まあどこにでもある小さな建売住宅だった。

両親とも共働きで、夜まで一人なんだとAは言うと玄関の鍵を開け、俺も一緒に家に入った。

しばらくAの部屋でゲームとかして遊んでたんだけどすぐに飽きて、進路の話をしたり、Aが以前いた学校のことを聞いたりしてた。

そんな話の流れの中で、俺は何気なく

「そういえばAの死んだお姉さんてさあ・・・」

って言葉を、ほんと何気なくなんだけど口に出した。

そうしたらAの顔が一瞬変わって

「もうその話はいいだろ!」

と強い口調で言ってきた。

俺も、言い方がまずかったのかなと思ってごめんと謝ったんだけど、なんか場の空気もしらけて、気まずくなって俺はすぐに自分の家に帰った。

次の日、Aに話しかけたらまた打ち解けた雰囲気が戻っていて、Aも

「昨日は怒ってごめん」

と謝ってきて、まあそれからは普通に友達として仲良く接していた。

一週間ぐらい経ったある日、Aが学校を休んだ。

先生の話によると、昨晩、ずっと寝たきりだったAのお姉さんが自宅のベッドで亡くなったそうだ。


解説↓続きを読む

不気味で謎だらけの話 深夜の警備のバイト

不気味で謎だらけの話 深夜の警備のバイト

謎の多い話だけれど、非常に怖いように思える話。

深夜の雑居ビルの警備のアルバイトにて。

新入りであった私は、まず同僚と2人で回ることになった。決められたルートを懐中電灯片手に歩くだけという極めて楽な仕事であった。

特に何事もなく、こりゃ楽なバイトだなと思い始めた頃、3階の奥にあるトイレの前に差し掛かった。

すると同僚が「トイレに行きたい」と言い始めた。新入りである私は断る理由もなかったし、私も軽い尿意を催していたため、一緒にトイレへと入った。

何の変哲もない、小便器が4つ、その向かいに大便用の個室が2つあるという、ごくごく普通の綺麗なトイレであった。

同僚は大きい方らしく真っ直ぐ大便の個室へ向かって行った。

こんな時間に誰もいるはずないのに、癖なのか、わざわざノックをしている同僚の様子が可笑しかった。

当然ながらドアの向こうから返事はなく、そのまま同僚はノブに手をかけた。

開かない。

中に誰かいるのか、それとも扉の故障なのか何度かノブを回していたが、結果は同じようであった。

諦めたのか、同僚は隣のトイレへ入っていった。

用を済ませた私は、開かずのトイレが気になり始め、件のトイレの前へ。

ノブを見ると、中から鍵が閉められているのを意味する赤い塗装を覗かせていた。誰か入っているのだろうか。

「用を足してる間に、心臓発作か何かで意識を失っているのかもしれない」

「酔っ払いが酔い潰れて寝てしまったのか」

後者であることを祈り、ドアに耳を当ててみた。

しかし。

鼾(いびき)は聞こえてこず、隣の個室から気分の悪い音がする以外は無音であった。

前者であったら大変だと思い、私はいろいろ考えてみた。

その結果、私がとった行動は「ドアの上から中を覗き見る」ということであった。

掃除道具入れからバケツを持ち出し、足場を作り、ノブに足をかけ、体を思い切り上にあげ、ドアの上部に手をかける。そして中を覗いた。

そこにあったのは、サラリーマンらしき中年男性の死体であった。よく見ると小蝿が飛んでおり、首にネクタイをくくっていた。

なるほど、自殺したようである。が、不思議と死体特有の異臭はしなかった。

普通こういう場合は、警察を呼ぶのが最善であると思うのだが、その時の私は何を思ったか、他の同僚にも知らさなければと思い、うんこをしている同僚を残し、警備員の詰め所へと向かった。特に焦らず、極めて冷静にである。

しかし、よくよく考えてみれば、このビルには私と今うんこをしている同僚しかいないのである。

もちろん詰め所には誰もいなかった。

とりあえず戻ろうと先ほどの3階の奥へ向かった。

しかし、そんなところにトイレなどなかった。

どんなに探しても、トイレはない。

場所を間違えたか、階を間違えたか全てのトイレを探してみたがトイレはない。

そこで記憶が終わっている。

後日談。

うんこの同僚の顔がどうしても思い出せない。死体の顔も思い出せない。

そのビルがどこにあったか思い出せない。

その後どうやってそのビルから帰ったのか、そのバイトに至った経緯も思い出せない。

なぜ、警察を呼ぶという行動をしなかったのか、誰もいないのに、詰め所へ向かったのか。

そもそもそんなバイトしたか?警備員のバイトなんかしたか?とも最近思っている。

矛盾、疑問、不可解な点が多く残ることから多分夢だと思うが、光景だけはハッキリと頭に残っている。

記憶を遡りながらの文章の上、支離滅裂であるが、夢オチ話だと思って、軽く流して見てもらえるば幸いである。

もう1つ不思議な事を言うならば、

今こうして部屋でテレビを見ながら投下している自分の行動に、非常にデジャヴを感じているということである。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 カブト虫とお父さん

意味がわかると怖い話 カブト虫とお父さん

思わず背筋がゾクッとしてしまうような、物語・・・・

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。

ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。

男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引き裂いた。

「何をやっているのっ!?」

息子の異様な行動に母親が鬼の形相で怒鳴る。

「動かなくなったから電池を換えようとしたんだ。」

母親は悲しい顔をして、もう死んでいるのだと言い聞かせた。

すると息子は不思議そうな顔で母親を眺めて言った。



「だってママはパパが動かなくなったときにお腹を切ってたでしょ?」

次の日母親は、警察に息子の捜索願いを出した。


解説↓続きを読む

意味がわかると怖いジョーク ミッキーマウスに助けられる

奇跡的に無人島から生きて帰還できた男がいた。

その男は多くのメディアから取材を受けることになった。

インタビュアー「無人島から奇跡の生還おめでとうございます。でも、いったいどうやって帰ってこられたのですか?

男「外部と連絡を取ったのさ。」

インタビュアー「無人島で外部と連絡?!いったいどうやって??」

男「簡単だよ。砂浜に大きく、ミッキーマウスの絵を描いただけだよ。そしたら、あっという間にヘリコプターが飛んできたんだ。」

解説↓続きを読む

意味がわかると怖い話 死んだ妹の日記

意味がわかると怖い話 死んだ妹の日記

病死したはずの妹からのメッセージに、気が付いてしまった兄・・・・

少女は11歳だったが、病死した。

家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。

14歳の兄が少女の部屋へ行くと、机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。

日記の最後のページは、少女が死んだ日の前日のものだった。

日記にはこう書かれていた。



例えば私の一番好きな食べ物がイチゴであるように、

例を挙げればきりが無いけど、誰にも好き嫌いはあるんだと思うの。

咲く花も散る花もでもみんなとてもきれい。

ろくでもない花なんて絶対にないと思う。

子供だって大人だってみんな花のようなものなの。

人間はみんな花な

んだとつくづくそう思う・・・。

さあ私も花なんだからきっと散る日もくるんだと思うけどそれまでは精一杯生きよう。

新しいことを始めたい。

かわいくなりたい。

大人になってみたい・・・。



兄は妹の日記を読んで泣いた。


解説↓続きを読む
PR