完全実話の意味不明な怖い話 犬の誘拐予告怪文書

完全実話の意味不明な怖い話 犬の誘拐予告怪文書

これは、本当にあった怖い話である。

ある家に、誘拐予告の手紙が送られてきた。

その家で飼われている大切な犬の誘拐予告状である。

以下が、その怪文書である。

完全実話の意味不明な怖い話

超怖い実話

手紙には以下のようなことが書かれていた。

犬の誘拐予告

子供が書いたような平仮名だらけの字で、稚拙な文章なのが、怖さを増しているように思える。

子供だからと言って、やっていいことの範疇を超えている。

そもそも、この時点で本当に子供なのかすらわからない。

「無視をすればいい」と思う方もいるかもしれないが、この手の人間を無視するのもそれはそれで非常に怖いことである。

解説↓続きを読む

意味不明な怖い話 謎の一家心中

意味不明な怖い話 謎の一家心中

ある一家が心中した。夫、妻、九歳の娘の三人家族だった。

死因は妻が病院から処方され溜め込んでいた睡眠薬と抗不安剤の大量摂取だった。

服薬死の直前、一家は家屋とその中のありとあらゆる物の破壊を遂行していた。

ホームセンターで買い込んだ肉切り包丁、鉈、鎌、高枝鋏、大型ハンマー、バット、ドリル、電動ノコギリ等の大量の破砕用具を使って、床、壁、天井に穴を穿ち引き剥がし、カーテンを切り裂き、窓を叩き割り、家具をなぎ倒し、電化製品を分解し、観葉植物を叩き折り、本やアルバムを細切れに引き裂き、冷蔵庫の中身をすべてぶちまけた。

娘の部屋のノート、ランドセル、写真、人形、ぬいぐるみまでもが徹底して切り刻まれていた。

鑑識の結果、娘も破壊行為に加わっていたことが判明した。

死亡状況がきわめて特異だったため警察は他殺の線でも捜査を進めたが、最終的には自殺と断定した。

動機は一切不明だった。

心中の一週間前、夫が妻の両親に宛てた手紙には、こんな言葉が書かれていた。

『わたしたち夫婦にはもう、あの子だけが生きがいです。あの子の望むことなら何でもかなえてやろうと思っています』

それと同じ頃、娘は小学校で授業中に突然、「目が見えなくなった」と言いだしちょっとした騒ぎを起こしたが、担任の教師が問い質すと結局狂言であることが判明した。

なぜそんなことをしたのか教師から叱責されると娘は、「でも先生、本当は、本当に見えないんです。お父さんとお母さんも見えないんです」と答えていた。


解説↓続きを読む

謎の恐怖感 自分の金縛りを撮影したら

謎の恐怖感 自分の金縛りを撮影したら

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。

金縛りというものは、多くの人が経験してると思うが。

あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、俺も全くそうだと思う。

じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。

俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。

寝る前にカメラをセットし、寝てる間に金縛りに遭ったと思ったら、朝起きてビデオを確認するという段取りだが、そう都合よく金縛りに遭遇することもなく、始めてから2ヶ月くらいは空振りの日々が続いた。

ある日の夜、ついにそのときが訪れた。

その日は特に疲れたということもなく、今日も空振りだなと特に期待せず眠りについたのだが。

眠ってから、感覚的に4時間くらい経って(自分の中では夜中の3時くらい)に、金縛り直前特有の嫌な感覚が襲ってきて、直後に意識が覚醒したと思うと同時に体が硬直。

ついに来たか!という興奮と、冷静になろうとする感情が入り乱れる。

今回の目的は、金縛りになることもそうだが、この状態をいかに長く持続させるかが重要だ。

長時間金縛り状態を保たないと、ビデオを見たときにどこがそれだったのかわからない可能性が高いからだ。

俺はリラックスしすぎないように、手や体を動かそうとしながら「やはり動かないな」などと、妙に冷静な状態を保つことができ、金縛りになってから5分くらいは経った感覚があった。

この状態を保つのにも疲れてきて、もうそろそろいいだろうということで、最後の仕上げにかかった。

今回、金縛りに遭うことのほかに、自分の中である計画があった。

金縛り中に思いっきり叫んでみたらどうなるか、だ。

金縛りの最中、思いっきり叫ぶその様子を外から見たらどう見えるのか。

本当に叫んでるのか。

それとも、叫んだと思っただけで実際には叫んでないのか。

それが知りたかったので、俺は金縛りの最後に全身全霊を振り絞って

「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

と叫んでみた。

確かに自分では叫べたと思った。

叫んだと同時に力を使い果たし、意識が遠のいて、気がついたら朝になっていた。

その日、妙に体がだるい。

あれだけ気力を振り絞ったのだから当然だともいえるが、本当なら撮った映像をすぐにでも見たいところだが、とりあえず仕事に出かけ、帰ってきてからビデオを見ることにした。

仕事から帰宅し、いよいよ昨日撮ったビデオを見る。

楽しみだが、まあ恐らくただ自分が寝てる姿が映し出されているだけだろう。

叫んだところが、どう映ってるのかが気になるところだ。

カメラをPCに繋ぎ、ファイルを確認する。

ここでちょっとおかしなことに気づいた。

通常、保存された動画は「通し番号.拡張子」となる。

フォルダ内には、数日前から消さずに撮りためた動画ファイル数個と、昨日撮った動画ファイルだけがあるはずだったが、フォルダ内には、「ssggggg34333333333333」「B9めn項sSもp懺れ履水」のようなメチャメチャな名前のファイルが、30個くらいあった。拡張子もない。

ダブルクリックしても当然開けない。

ファイルサイズはそれぞれ3KB~550MBくらいまであったが、ためしに動画と同じ拡張子をつけてダブルクリックしてみても、再生されない。

仕方なく、ちゃんと「通し番号.拡張子」となってるファイルを開くことにした。

通し番号が一番新しいものが、昨日撮った映像だろう。

更新日時も今朝になっている。

再生が始まり、部屋が映し出される。

角度的には、ベッドで寝てる俺の足元の斜め上から俯瞰で撮っている形だ。

画面の下が一番手前になり、俺の足側、 画面の上が一番奥になり俺の頭側ということになる。

しばらくは何事も起こらなさそうなので早送りをする。

ここで、あれっ、と思った。

この動画の総時間が画面の右下に表示されているのだが、4時間ちょっとしかない。

寝た時間から考えると、7時間くらいあるはずなのだが、妙に短いのだ。

ずっと早送りを続ける。

その間、ベッドで寝ている俺は時折寝返りを打ったり微妙に動いているだけで、何の変化もない。

動画の4分の3過ぎたあたり、つまり開始から3時間経ったあたりまで早送りしたが何の変化もない。

しかし、昨日の感覚的に、このあたりで金縛りにあったんじゃないかと、予想を立てて、この辺りから通常再生にする。

動画開始から3時間半を過ぎたあたりで、異常が起こった。

先程と変わらぬ寝返りをうとうとした俺が、寝返りを打つちょうど真ん中あたりで画面が固まった。

具体的に言うと、右手が空中に浮いた状態で画面がそのままになってしまった。

あれ?と思って画面をよく見ると、再生自体は続いている。

経過時間を表す数字も、変わらず進み続けている。

画面の中の俺だけが、不自然に腕を空中に静止させたまま、一時停止のように動かないのだ。

もしかしてこれが金縛りなのか?

あまりの予想してなかった展開に心臓がバクバクしている。

金縛りとは脳の錯覚ではなかったのか?

実際に体が硬直するものだとは思いもしなかったので、どう捉えていいのかわからないまま、動画は再生を続ける。

硬直してから3分、画面は変わらないままだ。

と思ったが、何かおかしい。

この違和感はなんなのか?と疑問に感じているうち、はっと気がついた。

寝てる俺の足元の布団の中から、何か黒いものが出てきている。

あまりにゆっくりとした動きのため気づかなかったのだが、明らかに俺の体じゃないものが俺の足元からなんか出てきている。

やがて、何か出てきているそれは黒い部分のほかに白い部分も見え始めた。

どうやら髪の毛と額のようだ。

人の顔。

人の顔が、俺の足元の布団から逆さまにゆっくりと出てきている。

それに気づいた瞬間、俺は心臓が飛び出そうになった。

もう動画を見るのをやめよう。

そう思ったが、なぜか動画を見るのをやめられない。

手がガタガタ震えているのに、なぜか動画を見ることをやめてはいけないかのように、停止ボタンをクリックすることが出来ない。

体の自由が利かない。

起きながらにして、金縛りに遭っているかのように。

ついにその「顔」は、半分近く布団からせり出し、目が完全に見えている。

その両目はまったく生気がないが、カメラ越しにこっちを見てるように見える。

そのうち、映像から「ミュンミュンミュン」という金属(ばね?)的な音や「ピシ」「バシ」 という破裂音も聞こえ始めた。

このまま見続けたらやばい、あの顔が全部出てしまったらやばいと直感でそう感じる。

やめてくれ、もう見たくない、やめてくれ!

心の中で叫び続ける。

動画の再生時間は、もうまもなく終わりに近づいている。

頼む!このまま全てが見える前に動画が終わってくれ!と念じた次の瞬間、信じられないものが画面に映った。

画面の端からぬっと現れた人影が、ビデオのスイッチを押して録画を停止させたのだ。

しかし、その画面に映った、録画を停止させた人物は、他ならぬ俺だった。

画面に現れた俺は、無表情のままカメラに手を伸ばし、スイッチを押した。

それを見た俺は、もはや恐怖と混乱が頂点に達し、そのまま気を失ってしまった。

気づいたら、PCデスクに突っ伏したまま朝を迎えていたが、モニタ上のフォルダには動画ファイルと謎のファイルがそのまま残っている。

夢ではなかったのだ。

正直、そのファイルを再生する気には2度となれず、動画を消去した上に、カメラもその後処分してしまったのだが、その日は気分が悪く会社も休んでしまった。

あの時、俺が見たものは一体なんだったのか。

録画を停止させたのは、まぎれもなく俺だったが、そんな記憶はないし、だとしたら布団で寝てたのは一体誰だったというのか。

そしてあの顔は。

あれ以来俺は一度も金縛りに遭ってない。


解説↓続きを読む

考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

つい先日の話。

私は夫と0歳児と犬と暮らすごく平凡な主婦です。
家は都内にありがちな狭小三階建て。
以前は夫と犬と三階のベッドルームで寝ていたのですが、出産を機に二階の和室にて
親子三人川の字+犬で寝る事にしました。

そんな矢先の先の年明け、私はノロウイルスにかかってしまいました。
夫と子への感染が心配だったため、私は数日間一人三階のベッドルームで休む事にしました。
我が家は二階と三階にトイレ(三階には洗面台もあります)があり、ベッドルームには小型冷蔵庫もあります。
私はスポーツドリンクや栄養ドリンク、ゼリー飲料、水、着替え、その他必要な小物を用意してベッドルームに籠城。
夫との連絡はスマホのショートメッセージで済ませる事にしました。

数日後、下痢嘔吐高熱も収まり私は二階へ降りて久々に夫と子供と顔を合わせました。
数日間とは言え、子供には寂しい思いをさせ、夫には慣れない育児を肩代わりしてもらい、申し訳ないやらありがたいやら。

そして二階に降りたその日の夕飯時、夫が妙な事を言いました。
「子供にうつるかもしれないんだし、△△(私)も体が辛かったろうから無理して毎晩降りて来なくてよかったのに」
夫によると、夜子供がぐずっていると私?が降りてきておっぱいを上げようとしたそう。
しかし子供は飲んでくれないどころかますます泣くばかりで、私?はあやすために子供を
庭(プランターが数個置いてあるだけの小さな庭です)へ執拗に連れ出そうとしたそうです。
確かに夏場に子供がぐずついた時は連れ出して気分転換させてましたが、寒さ厳しい季節になってからは夜中の庭へ出た事はありませんでした。
夫はというと私を心配して、自分がやるから大丈夫だよと毎晩渋るというか癇癪を起こす私を強引に三階へ戻し、二階で子供をあやしていたそうです。

「私治るまで一度も降りてないんだけど……」
初めは冗談扱いしていた夫も、私の真剣な表情と口振りに
「じゃあ毎晩降りてきた△△は何だったんだ」
と顔面蒼白。
夫曰く、そういえば犬が私?に向かって今にも噛みつきそうな勢いで唸っていたそうです。
私が実家から連れてきた犬で、普段は子供と争うかのように私に甘えてくる犬なのに。

そして今。
私はまたもや体調を崩してインフルエンザでダウン。
でも私?に子供を攫われそうなので、今回は三階籠城はせず感染覚悟で親子三人川の字 +犬で寝てます。
今のところ何も起こらず。
家にも異変はありません。
犬も以前と変わらぬ甘えん坊。

家は新築だし、土地も義祖父が畑にしていた場所で因縁めいたものも特にありません。
夫も私も地味ないわゆる「いい人」の元喪で異性から怨みを買う覚えもないし、周りに生き霊飛ばすような不妊の人もいません。
ただ単に私自身が生き霊を飛ばしてしまっただけなのかな。


解説↓続きを読む

考えれば考えるほど不気味な話 女の悲鳴

ある日の、深夜のこと。

アパートの自室で、ボーっとテレビのバラエティー番組を眺めながら、カップラーメンをすすっていると、

「ギャアッ!」

女の悲鳴がこだました。

自分の耳元で叫ばれたくらいの迫力に、ビクッと肩が動いてしまう。

怖かった。

だけど、恐怖よりも好奇心が勝ってしまった。

箸を置き、窓に近づくと、ゆっくり窓を開ける。

下を見下ろすと、アパート前の道路をジャージ姿の若い男が走っていた。

まさか・・・

と、思った直後、男は不意に立ち止まり、こちらを見上げたのだ。

暗い中、街灯に照らされた男の顔が、みるみる歪んでいく。

男は、また走り出すと、アパートの階段を登り始める。

慌てて、こちらも玄関へ走った。

すぐさま、施錠を確認したが、その瞬間、外側からドアノブをガチャガチャ回された。

続けて、ドアを叩くような激しいノック。

俺は、その場で腰を抜かしてしまった。

「早く、早く出て来てください!」

男が叫んでいる。

「その女は、ヤバいっ!」

解説↓続きを読む
PR